※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴ~Ⅸ、リメイク版Ⅲに登場する武器。
文字通り青銅で作られた、軽くて丈夫なナイフ。
【どうのつるぎ】と同じく刀身から柄頭の部分まで単一の銅で形成されている。
護身用の武器としての側面が強く、重い武器が扱えない女性や魔法使い、旅の商人などに人気があり、愛用されている。

SFC版のⅤとⅥ、リメイク版Ⅲでは小ぶりな剣のようなデザイン。
これらの作品では普通のナイフよりも大型で、刃を欠けにくくする加工が施されている。
家庭で料理などに使われる物と同じ形だが、切れ味が良いため攻撃用としても充分通用する品。

Ⅶとリメイク版Ⅴ・Ⅵでは、かなり小型化され、投擲も可能な携帯性にも優れるデザインに変更された。
また、銅の剣と同様に刃こぼれがしやすいという設定に変更されている。
ただし、予めよく磨きあげられているため、小さいながらも銅の剣と同程度の攻撃力を持っている。

ⅧとⅨでは、装備グラフィックの反映もあってか再びデザインが変更。
再び小ぶりな剣のようなデザインに戻ったが、SFC版時代の物と比べると武骨な印象になった。
質はあまり良くないらしく、そのためか色合いも従来の物と比べるとかなり鈍い。

多くの作品で造りや見た目などが銅の剣に近くもあり、文字通り「銅の短剣」と言ったデザイン。
だが、基本的に鋳造の量産品で研がれておらず、鈍器としての側面が強い銅の剣に対して、
こちらはナイフとしての機能を持たせるために製造過程でよく磨きあげられている為、武器としての性能差はさほど無い。
このような性能差に関する理由が公式で明記されているのはDS版Ⅴの公式ガイドブック上のみだが、
他の作品でも基本的にブロンズナイフと銅の剣は攻撃力がさほど離れてはいないため、理由は同じなのだろう。

DQⅢ(リメイク版)

攻撃力は8で、価格は80G。
魔法使い、盗賊、遊び人が装備することができる。
レーべの村でのみ販売されている。

攻撃力7で30Gの【こんぼう】と比べると、些かコストパフォーマンスが悪いのは否めない。
とはいえ、魔法使いと盗賊はロマリアで【せいなるナイフ】を購入する辺りまで他にまともな武器がない。
特に盗賊を序盤から戦力として数えたいなら1つくらいは買っておいてもいいだろう。

DQⅤ

攻撃力は12で、価格は150G。
ビアンカ、ヘンリー、フローラ、女の子と、装備グループがEの仲間モンスターが装備することができる。
少年時代のアルカパでのみ販売されている他、ヘンリーの初期装備にもなっている。
また、敵では【おばけキャンドル】【ともしびこぞう】が落としていくことがある。

ビアンカの初期装備である【くだものナイフ】の2倍の攻撃力があるものの、
同じアルカパの武器屋にはさらに強力な【いばらのムチ】も売っている。
また、主人公用の【ブーメラン】も売られているため、節約のためにスルーされがち。
最初から装備しているヘンリーに関しても、オラクルベリーに着いたらもっと良い武器を買ってあげたいところ。
そのため、メインの武器として活躍する機会は乏しいだろう。

DQⅥ

攻撃力は12で、かっこよさは8。非売品で、売却価格は112G。
ミレーユ、バーバラ、チャモロと、装備グループがC・Dの仲間モンスターが装備することができる。
ミレーユの初期装備になっている他、夢見の洞窟にある宝箱からも手に入れることができる。

今作では非売品で、入手数も2つのみという意外とレアなアイテム。
その一方で武器としては今回もあまり活躍の機会には恵まれない。
ミレーユは仲間になった直後に行けるレイドック(下)で、より高性能な【どくがのナイフ】が入手でき、
バーバラとチャモロに関してはもっと良い初期装備を持っているためわざわざ装備する必要がないためである。
なお、上記の通り2つとも手放すと二度と手に入れることは叶わないので、アイテムコンプリートを目指す人は注意が必要。

DQⅦ

攻撃力は9で、かっこよさは8。非売品で、売却価格は75G。
マリベル、ガボ、メルビン、アイラが装備することができる。ただし、ガボが装備すると攻撃力が「-4」になる。
東の塔とからくり研究所(PS版のみ)で手に入れることができる他、全てのラッキーパネルで出現することがある。
また、敵では【さそりかまきり】【デスキャンサー】【ピラニアン】が、3DS版ではさらに【おばけキャンドル】【ともしびこぞう】も落としていくことがある。
3DS版ではおばけキャンドルをすれちがい石版のボスにした場合に、クリア報酬として手に入れられることもある。

エンゴウ編で聖なるナイフやいばらのムチを手に入れるまでは、マリベルの主力武器になる。
それくらいしか活躍できる場面はないが、逆言えばその期間はほぼ全ての人がこの武器のお世話になることだろう。

DQⅧ

攻撃力は9で、価格は150G。
ゼシカのみが装備することができる。
船着場の店でのみ販売されている他、定期船とマイエラ修道院西の小島にある宝箱からも手に入れることができる。
また、敵では【シャドー】が落としていくことがある。

これが素材となる錬金レシピは以下の通り。
ブロンズナイフ 【鉄のクギ】×1 【とうぞくのカギ】
【ブロンズナイフ】×1 【どうのつるぎ】
【皮の盾】×1 【せいどうの盾】
【ブロンズナイフ】×1 【石のぼうし】×1 【ブロンズキャップ】
【どくばり】を除けば短剣カテゴリの中で最も攻撃力が低い武器なので、これ自体を活用できるのはやはり序盤の極短い期間のみ。
ただし、今作では錬金システムの登場によって錬金素材としての用途が生まれ、特に序盤錬金の役に立つ。
便利な盗賊の鍵と、そこそこ長く使えるブロンズキャップ辺りを錬金しておくといいだろう。

DQⅨ

攻撃力は10で、おしゃれさは12。価格は200G。
短剣カテゴリ共通の特徴として、虫系のモンスターに1.1倍のダメージを与える。
戦士、魔法使い、盗賊が装備することができる。
セントシュタイン城とベクセリアで販売されている。

これが素材となる錬金レシピは以下の通り。
ブロンズナイフ 【せいすい】×3 【聖なるナイフ】
より強い聖なるナイフの材料にはなるのだが、実際のところその聖なるナイフ自体もセントシュタイン城とベクセリアで売られている。
そのため、わざわざ先にこの武器を購入して錬金を行う必要性はほぼ皆無と言える。

ちなみに、長らく「どうのつるぎより少し弱い」といった程度の攻撃力が設定されていたブロンズナイフだが、
銅の剣が剣カテゴリ最弱の武器という位置付けになった今作では、初めてブロンズナイフの攻撃力が銅の剣のそれを上回った。
なお、歴代シリーズにおける両武器の攻撃力の変遷は以下のようになっている。
ブロンズナイフ 8 12 12 9 9 10
どうのつるぎ 12 13 13 11 13 7