※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅳ~Ⅶ、Ⅸに登場する武器。Ⅷではツメ系武器一斉リストラのため、登場していない。
炎の魔力を封じたミスリル製のツメらしく、炎に弱い敵に有効。
どの作品でも中盤の武器としてかなり有用なことが多い。


DQⅣ

【ガーデンブルグ】の隠し宝物庫に眠っている。また、【オーガー】が稀に落とす。
攻撃力60で、FC版では(数字上は)アリーナの最強武器。リメイク版ではピサロも装備可。

道具使用で敵1体にベギラマの効果があるが、アリーナは殴った方が強いし、ほとんど使われないだろう。

武器としても明らかに【キラーピアス】の方が数枚上手。
FC版ではちょうどキラーピアスの価格と同じ7500Gで売れるので、コレクションにこだわらないならばこれを売っ払ってキラーピアスを買ってしまおう。
PS版以降は売値が730Gに大幅値下げされた上に、5章以降勇者以外も任意でコマンド選択可能なので
補助的に使い易い点も踏まえ、売るのは勿体無い。

PS版以降では移民の町の最終段階手前で拾えるようになり、PS版では【レディースタウン】【グランドスラム】で7300Gで購入も可能。

DQⅤ

【チゾット】【グランバニア】で市販されている。攻撃力53、4700G。
一部モンスターと【デボラ】が装備可能。

攻撃力は多少下がったが、【ふぶきのつるぎ】と同様にギラ耐性に応じて最大1.5倍までダメージが増加するため数値以上の攻撃力を持つ。
特にデボラを使う場合、実は各種専用装備やキラーピアスよりも高いダメージをあたえる場合が多い。
ミルドラースやエスターク戦においてもこちらのほうが優れているため、中盤入手の武器とはいえ侮れない性能を秘めている。

ちなみに、一応道具使用でギラの効果があるがまず使わないだろう。
また、デボラは例外だが、それ以外の仲間は【こおりのやいば】も装備可能なのでこれが実質的な上位武器に当たる。

DQⅥ

Ⅴでも強かったが更に地位向上。攻撃力はそのままだが、【ムドーの城】とかなり早い段階で入手できる。
ハッサンとアモスが装備でき、攻撃した場合ギラ系の追加ダメージがあるが、本作ではほとんど正拳突きか回し蹴りでしか攻撃しないので活用される機会はほとんどない。

最大の魅力は道具使用でメラミの効果がある点。ムドー戦での要と呼ばれるまでに重宝されることになる。

ムドーの城はオープニングで一度見た場所だけにまっすぐムドーの元へ向かってしまいがちだが、
ハッサンの石像があるフロアの左右の扉は【とうぞくのカギ】で開くことができる。
この扉の先にほのおのツメが眠っているので、必ず回収してからムドーと戦おう。
とにかくメラミ効果が便利な武器で、ハッサンがより強力な武器を入手した後も誰かしらに持たせておけば
その後も砲台として使える優秀極まるアイテムである。

ちなみに、【ジャミラス】がこの武器を道具で使ってメラミ効果の炎を放つ。普通にメラミを使えないのだろうか。

DQⅦ

攻撃力53、7700G。メラミ効果も健在。

ガボの主力武器になるほか、プロビナなどで市販されているので全員に持たせて道具使用メラミで火責めにも使われる。
魔法使いで【即メラミ】ができなくなったⅦではⅥ以上に優秀。値はかなり張るがぜひ購入しておこう。

運がよければ旅の宿(現代)のカジノのラッキーパネルで入手することもできる。この時点では完全にバランスブレイカーである。

DQⅨ

攻撃力88、【ドミールの里】で21000Gで売られている。
今作では使ったときの効果が敵全体に効く炎に変わったが、ダメージは23~33と今一つ。

ドラゴンクロー×1、ようがんのカケラ×3、ばくだん石×1での錬金も可能。
普通に買うよりかなり安く上がるので、溶岩のカケラに余裕があればこちらでの入手をおすすめする。

また、宝の地図の洞窟のボスである【ハヌマーン】が落とすこともある。

クリア前に購入できる店売りのツメの中では一番強いので、クリアまではこれで十分。
ほのおのツメ+【たいようのいし】+ばくだん石×3で上位の【しゃくねつのツメ】
そこから更に【オリハルコンのツメ】が作れるので、長く使える逸品。
素材が集まりしだい、上位品へ強化していこう。

ロトの紋章

エルフの村で行われていたボクシング大会の景品として登場し、ヤオが手に入れた……が偽物であった。