※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人間やモンスターなど、プレイヤーが操作できるキャラクターの【レベル】の最高値。
「上限レベル」、「限界レベル」とも言われる。
このレベルに達すると、それ以降は幾ら【経験値】を得てもレベルは上がらない。
一般的にDQにおいては、レベルの最高値といえば99が知られているが、作品やキャラクターによっては99に届かない場合も多い。
関連→【○○○○はもう充分に強い!】


DQⅠ

最大レベルは30だが、20ぐらいあればクリアできる。
レベル16以降、次のレベルに上がるには4000の経験が必要だが、29から30への必要経験値は535と、非常に少なくなる。
というのも、29まで上がった時点で65000の経験を積んでいるものの、最大経験値は65535でいっぱいになってしまうからである。

ガラケー版では最大レベル50、最大経験値99999。レベルの上がり方も異なり、経験値65535でレベル40になる。

スマホ版では最大レベルが30に戻ったが、レベル30に必要な経験値が70000に変更された。
つまりLv29から30へは5000の経験値が必要となった。

DQⅡ

ローレシアの王子が50、サマルトリアの王子が45、ムーンブルクの王女が35。
ちなみに最大レベルでの経験値は三人とも100万で、王子二人はⅠと同様に最後だけ早く上がるが、王女はキリ良く上がる。

携帯アプリ版では全員最大レベル50。Ⅰと同様に成長パターンが異なる。

DQⅢ

最大レベルが99になったのは今作からで、全ての仲間が99まで上がる。
なお、勇者以外の仲間キャラはレベル20以上になると【転職】できるようになる。

DQⅣ

全ての仲間が99まで上がるが、レベルの上がらない【NPC】が登場。

ちなみに、FC版のミネアは成長が極端に遅いだけで、ちゃんと99まで上がる。
リメイク版では彼女のレベル99までの必要経験値が200万ほど少なくなり、育てやすくなった。

DQⅤ

基本的に多くの人間キャラが99まで上がる。
しかし、ヘンリーは50までしか上がらず(普通はそこまで上げないが…)、SFC版のフローラは青年時代前半では10で止まる。

そして今作の特徴である【仲間モンスター】には、99まで上がらないものもいる。
だが、99まで上がる=強いというわけでもなく、最大レベルが低くても最後まで使えるモンスターも多い。
特にリメイク版のすごろくでは、出現するモンスターが駒となるキャラのレベルによって変わるので、低いほうが有用な場合もある。
ちなみに最低は【おどるほうせき】【ギガンテス】の7。

DQⅥ

基本はⅤと同様で、イベントで仲間になるキャラは99まで上がり、仲間モンスターには99まで上がらないものもいる。
また【かまいたち】など、レベル依存の攻撃が初登場している。

DS版では仲間モンスターシステムが変更され、はぐりんの16を除いて全員99まで上がる。

DQⅦ

キーファを含む全ての仲間が99まで上がる。

DQⅧ

全ての仲間が99まで上がる。

DQⅨ

Ⅷと同じく全ての味方がレベル99まで上がり、99に達すれば【転生】によって再び1に戻ることもできる。
また、【大魔王の地図】のドラクエ歴代魔王にもレベルがあり、こちらも99まで上げることができる。

DQM・DQM2

モンスターごとに基本の最大レベルが設定されている。
【配合】して+値を上げると最大レベルが上昇するが(上限は99)、レベル10以上にならないと配合できない。

DQMJ・DQMJ2・DQMJ2P

通常の最大レベルは全モンスター一律で50。
配合回数と配合時の両親のレベル合計が一定以上なら75に、更に上がれば100になる。

テリワン3D

通常の最大レベルはジョーカーシリーズと同じで50。
ただし、ジョーカーシリーズと違い、配合回数や配合時の両親のレベル合計に関係なく、+値が3以下では50、+4~9では75、+10以上では100になる。

トルネコ1

最大レベルは37と非常に中途半端。
というのも必要経験値が非常に多く、37までで経験値が999999のいっぱいになってしまうのだ。
FC版Ⅳのトルネコはむしろ成長が早かったはずなのだが。

ちなみにモンスターもレベルアップするが、経験値テーブルはトルネコと同様。

トルネコ2

トルネコは99まで上がり、モンスターは9まで上がる。
トルネコは長旅をすれば自然と最大になり、バーサーカーは放っておくとすぐ最大になる。

GBA版では敵の経験値が下方修正、必要経験値が上方修正されたので、多少上がりにくくなっている。
また、冒険の達成度を示す【武器商人レベル】というものも存在し、これは11まで上がる。

トルネコ3

トルネコ・ポポロはレベル99まで上がり、9990000の経験値が必要。
人間の仲間ではイネスは98、ロサは20が最大。
イネスは普通にプレイしていれば最大Lvまで達することはまず無い。

モンスターは、Ⅴと同じく種類ごとに99まで上がるタイプと上がらないタイプがあり、レベル99まで上がるか、レベル10までに限界に達するかのどちらかにはっきりと分かれるのが特徴。
計八種の成長タイプに分かれており、どの成長タイプでもレベル99にするのにトルネコやポポロと同じく9990000の経験値が必要。
低レベル時のレベルアップが早い早熟タイプは、高レベルになってからの必要経験値を極端に引き上げることで帳尻を合わせている。
しかし、どんなに次レベルへの必要経験値が高くとも、しあわせの種の効果で踏み倒す事が可能なため、低い経験値で高いレベルに育つ早熟タイプの方が結局レベルは上げやすい。

またPS2版では最大レベルに近いモンスターほど見た目が大きくなるようになっており、
そして「ダンジョンの深部にはレベルの高い巨大モンスターがいる」という演出の関係で、一部のモンスターは最大レベルが極端に低い。
それらは他と比べて成長率が高い訳でもないので、これらの巨大モンスターは仲間としてはほとんど使い物にならない。
ちなみに一番低いのは【タホドラキー】の3。これはDQシリーズ全体で見ても最も低い。あまりにも酷い。
GBA版では巨大化演出が無くなっているので、こうした最大レベルの低いモンスターの存在意義はますます薄くなっている。

少年ヤンガス

ヤンガス自体は99が限界。
モンスターはDQMシリーズに準じて、基本の最大レベルを配合で上げていく形。
上位種になるほど最大レベル基本値は高くなる(最大50)。