※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

1994年2月にSFCで発売されたボードゲームで、いたストシリーズでは2作品目に当たる。
初代作の販売元はアスキーであったが、2からはエニックス(当時)から販売されている。
同じエニックスということもあってか、スラリンやアレフガルドのマップが登場している。
特に後者のマップはBGMもアレンジの施された「広野を行く」である。
店舗名も「アストロン金庫店」や「棺桶屋ザラキ」など、一軒一軒にこだわった名前が多数登場している。
また、特定の条件を満たすと先の2ステージでは自分の操作するコマがスライムになる。
この後もいたストシリーズは何作も出ているが、ファンの間では「いたストは2が最高傑作」という声も多い。

因みに「プレイヤーは4人で固定」、「空き地」システムなどは
この作品から導入されたものであり、基本的なシステムはこの作品からほとんど変わっていない。

また、エニックス史上初めて神経衰弱が出来るミニゲーム、【ラッキーパネル】が登場した。
このラッキーパネルはいただきストリートの歴代カジノで最も凶悪なゲームであり、
「一番高い株を10株銀行からもらえる」、「一方通行でない限り今いるマスから方向転換できる」など
非常に効果が強力なものがあるうえ、しかも誰にその効果が渡るかがわからない。
あまりの凶悪さに、いただきストリート3でルール設定に「ラッキーパネルなし」が追加されたほどである。

まさかラッキーパネルが後にドラクエへ輸入されるなど誰が思ったことだろう……。