※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅱ、Ⅲ及びⅦ以降に登場する武器。 魔道士の杖。
先端に赤い宝玉がついた魔法の杖。
道具として使用すると、攻撃呪文(Ⅱ:ギラ、Ⅲ~Ⅸ:メラ)の効果がある。

いずれの作品においても、道具として使うと効果のある武器の中では早く入手可能となっていることが多い。
そのため、「武器の中には道具使用で特別な効果があるよ」ということをプレーヤーに
教えるために存在しているのだろう。
その分、同じ時期に入手可能な武器に比べて値段が高めに設定されていることも多い。
「もっと安くしてほしい」と思った人も少なくないのでは無いだろうか。

DQⅡ

【ルプガナ】等で購入可能。
ムーンブルク王女にぴったり。
だが2500Gという高値のため、なかなか手が出ない。
FC版では攻撃力も8と非常に低く、王女は基本回復かバギ、もしくは【せいなるナイフ】で切りつけるというスタンスになるだろう。
反省したのかリメイク版では攻撃力27と大幅にパワーアップ。
一方で、【いかづちのつえ】も攻撃力15から45に強化されたのでやっぱり…。
だが、携帯アプリ版ではギラの対象が敵1グループに広がったため、多少無理してでも購入しておく価値はある。

DQⅢ

魔法使いと賢者が装備可能。攻撃力15。
全員が道具使用で効果を使用できる貴重な武器であるものの、1500Gと相変わらず高値。
おまけに売ってる場所がややマイナーな【ノアニール】なので目立たない。
パーティに魔法使いを加えているならば、購入できる時点で有用な攻撃呪文を
習得しているはずなので、道具使用でメラもあまり魅力的ではない。
MP節約にはなるだろうが、これを買う位なら【みかわしのふく】【はがねのつるぎ】を購入した方が戦力を強化できる。

DQⅦ

Ⅲ以後長らく登場していなかったが、本作で久々に復活。
価格及び能力はⅢと全く一緒で、過去の【ダーマ神殿】で購入できる。
マリベルとメルビンが装備できるが、明らかに価格と攻撃力&効果が釣り合っていない。
今更メラを撃ててもしょうがないだろう。マリベルには皮のムチを持たせておこう。

DQⅧ

一番最初に手に入る杖系武器。
杖スキルを持つゼシカとククールが装備可能。攻撃力15。
【ドニ】【アスカンタ】で1300Gで購入できるが、【願いの丘】の宝箱に入っているので買う必要はない。
ゼシカで杖スキルを主体にする場合、ランク3と早い段階でMP上昇の恩恵を受けられる点、
これより攻撃力の高い杖の入手が比較的遅いことから長らくお世話になることとなるだろう。
恐らくこれまでで一番扱いがマトモ。
錬金素材にもなっており、【まふうじのつえ】【マグマのつえ】の材料にもなる。

DQⅨ

【セントシュタイン】の城下町で購入できる。
攻撃力7で840G。他の杖と同様に、MP吸収効果が追加されている。
【かしのつえ】が出たため最弱からは脱した。
錬金で【さばきのつえ】に強化できるが、裁きの杖は店でも売っているのでスルーしていいかも。

DQMBⅡ

第一章に登場する魔法使い専用の武器。
上昇ステータスは、かしこさ+32 すばやさ+6。
使える技は「メラミ」と「まりょく上昇」。
前者は火球を敵1体に飛ばす呪文で、後者は杖を掲げて仲間全員の攻撃呪文の威力を上げる。
まりょく上昇の効果を活かすため、チームメイトは攻撃呪文を使える仲間にした方がいいだろう。