※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不思議のダンジョンシリーズにおける部屋のパターンの一つ。
部屋と同じように四角形のスペースだが、視界が広がらず、中が迷路になっているもの。
なので厳密には「部屋」ではないのだが、アイテムやモンスターが初期配置されていたりと、
ダンジョン生成時には部屋の一種として扱われている模様。
不思議のダンジョンにおけるモンスターの行動パターンは単純なので、
迷路から積極的に脱出しようとするのはプレイヤーから逃げるタイプのモンスターぐらいしかおらず、
結果、時間と共にモンスターが迷路に迷い込んで密集するという危険性がある。探索するなら早めに。
逆に行動パターンを読めれば迷路の隅の安地に逃げ込める等、プレイヤーの技量が問われる部屋。

また、フロア全体が巨大な迷路になっているパターンも稀にあり、
レミーラの巻物があろうが無かろうが、非常に眼が疲れるのが特徴。
特にトルネコ1では50、60、70、80、90、99階が必ずこの『大迷路』である。
ちなみに40階では【大部屋】二分割の片方が大迷路という特殊フロアになっている。
トルネコ2の【井戸のダンジョン】は大迷路か大部屋モンハウしかないという極端な構成である。