※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要


ハードがPS2に移り、グラフィック、サウンド共に大幅に向上。
全体的にアニメ調のフル3Dになったことで、回想やイベントシーンが大幅に増えた。
今作の特徴は、イベントシーンの比重が大きくなったことに伴い、
「そうだあの時は・・・」「つらい時を乗り越えて」「急げ!ピンチだ」など、イベント専用の楽曲がさらに大きく増えたことである。
これにより、ストーリーに深みが出た。
また、場所に応じて風の音や鳥のさえずり、虫の声などの環境音も効果的に取り入れられ、臨場感が一気に増したことも見逃せない。

街の曲が2曲になり、比較的穏やかな街と、活気溢れる都会の曲に分けられた。もちろん、静かな村の曲も健在である。
教会がストーリーに深く関わるようになっているため、「修道僧の決意」「大聖堂のある街」など、教会関連の曲も増えている。

フィールド専用の曲は基本的に1曲のみ(一応、闇の世界では「闇の遺跡」が流れるが、フィールド専用とは言えないし、闇の世界の滞在期間はわずかである)だが、
その「広い世界へ」は、ドラクエのフィールド曲としては珍しい曲調(似た曲としては、「戦士はひとり征く」が挙げられる)である。
豊かな世界の広がりを感じさせ、Ⅷのフィールドグラフィックとの相性も抜群である。

Ⅶで久しぶりに取り入れられた「階層ごとのアレンジ」は、地味に洞窟で残っており、
ボスの居る階層では、「ひんやりと暗い道」のアレンジである「暗い道の奥で」が流れる。

ラーミア再登場により、Ⅲの名曲「おおぞらを飛ぶ」が再び使用された。
オーケストラ準拠の壮大なアレンジは非常に素晴らしく、古参ファンを大いに喜ばせたことだろう。

エンディングの「空と海と大地」の中間部は、ドラクエでは初めての「ピアノ協奏曲」の形で編曲されており、こちらも特徴的である。

オーケストラの初CDでは、【東京都交響楽団】が演奏。
ドラムセットが本格的に取り入れられた。
ボリュームが増した分、演奏時間にも影響し、CDの収録時間はシリーズ1である。
「空と海と大地」の編曲に注目されたが、CDにはピアノ協奏曲の形では収録されなかった。

ドラクエ本編の音楽

場面別楽曲一覧

曲名の後にナンバリングのあるものは過去作品からの流用曲。

オープニング・セレクト画面

町・村

教会・聖地

施設・サブ画面

フィールド

ダンジョン

乗り物

イベント

戦闘

エンディング


ME


交響組曲収録曲

【序曲】
【馬車を曳いて】
【穏やかな街並み】
【静かな村】
【錬金がま】
【広い世界へ】
【大平原のマーチ】
【対話】
【ひんやりと暗い道】
【暗い道の奥で】
【賛美歌に癒されて】
【修道僧の決意】
【つらい時を乗り越えて】
【急げ!ピンチだ】
【神秘なる塔】
【そうだあの時は・・・】
【それ行けトーポ】
【雄叫びをあげて】
【難関を突破せよ】
【この想いを・・・】
【城の威容】
【王宮のガヴォット】
【詩人の世界】
【海の記憶】
【忍び寄る影】
【闇の遺跡】
【大聖堂のある街】
【おおぞらをとぶ】
【終末へ向かう】
【ドルマゲス】
【おおぞらに戦う】
【空と海と大地】