※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ⅵに登場。ポ○モンみたいな名前だが、人間である。
【グレイス城】の兵士長と共に【オルゴーのよろい】を管理していた。
過去、グレイス王が呼び出した悪魔によって城が破壊されそうになると、
オルゴーの鎧を持ち出しつつ、城の一般人の避難誘導に当たる。
この際、オルゴーの鎧の隠し場所をプレイヤーに教えるためとはいえ、
何故か一般人扱いのはずの主人公達を隠し場所まで連れて行き、終わったら改めて誘導するという奇行を取る。
そしてオルゴーの鎧は兵士長によって死蔵され、グレイス城は滅亡したが、
避難した一般人やゴーリキがどうなったかは不明。

そして現在では兵士長はしかばねとなっており、オルゴーの鎧は無事だったわけだが、
何故兵士長の方に名前が無く、避難誘導しただけのゴーリキに名前が付けられているのだろうか。
その後登場するわけでもなく、兵士長のように遺言を残しているわけでもないのに。