※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トルネコ1のダンジョン22~24階の曲。直前の【氷のダンジョン】を直接アレンジしたもの。
女声メロディは木管に、ピアノが木琴に変わっており、
氷とは違う柔らかさがあるが、曲自体の静かさと寂しさは変わらない。
そして騒がしいシルバーデビルや暑苦しいアークデーモンがこの曲の寂しさを容赦なく打ち破ってくるので、
気の休まる暇が全く無い。一方でマネマネが化けていることもあるので、気合いを入れて対峙する気にもなれない。
つまり、この階層はあまり長居しない方が得策である。
直前と直後の階層の印象が強すぎるのもあり、この曲があまり印象に残っていない人も多いのではなかろうか。

トルネコ3でも、「さんご礁の神殿 広間」で、少年ヤンガスでもカンダタの待つ「盗賊王の大迷宮」で聞ける。