※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

【ダイアラック】に住む【ヨゼフ】の父親。
酒びたりの毎日を過ごしているため、常に酔っ払っている。そんな彼につけられたあだ名は「酔いどれキーン」。
家に入る寸前のところで【灰色の雨】に当たってしまって【石化】し、そのまま朽ちてしまった。

3DS版

グラフィックス強化の恩恵を受け、非常に自然だが異様な姿勢の石像となっており、石化の瞬間とその最期を主人公やプレーヤーに見せつけた後で、文字通り粉々に砕け散る。
砕け散る瞬間にドキッとしたプレーヤーも多いはず。