※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

グリンフレークのハーブ園の経営者で、【イワン】の父親である。

【リンダ】の両親に金を貸しており、その両親が他界したためにリンダから取り立てざるを得ない状況になったが、ボルック自身はあまりそういう事はしたくないと考えていた。
息子のイワンが好いている相手であると言う事もあり、借金を帳消しにするのもアリかとさえ考えたが、他に金を貸している人間の手前上ただの私情で借金を帳消しにしてしまうのも不味いため、イワンとの結婚を借金帳消しの条件としたが、結局うまくいかなかった。

その後、過去リートルードの世界を介してやってきたグリンフレークでは既に故人となっている。
後を継いだイワンがブドウ園にも手を出したものの、経営に行き詰ったため、ハーブ園も屋敷も他者のものとなっていた。