※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

過去の砂漠を統治している女王。
魔物に囚われてしまうが、見張りの【ボーンライダー】を手なずけ、手紙を隠した首飾りを渡すという怜悧さを見せる。
しかし、【ハディート】から城の者が皆殺しにされた事実を聞き、心身共に弱っていたことからハディートに殺して欲しいと嘆願したこともあった。
直後にやって来た主人公達に【黒いカギ】を渡してくれる他、HPとMPを全回復してくれる。

大地の精霊に仕えているからか不思議な力を持っており、【魔王像】崩落の際にはその力で砂漠の民と主人公達を助けた。
砂漠一帯の平和が取り戻された後、【闇のルビー】の片割れを主人公に託した。
ハディートとは誤解を与えたりしてあまりいい感情を持たれていなかったようだが、後に結婚している。
現代の世界においては、城の地下にあるお墓にその名が刻まれている。