※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

【ユバールの民】の守り手の血筋に代々伝わって来た神の剣。【アイラ】の初期装備である。
刃の先に紋章のような飾りがあり、それが神の守り手の証らしい。
伝説の守り手として有名だった【キーファ】が見つけたもので、両親と先祖の墓にアイラが納めていた。

アイラ加入と同時に手に入るが、この武器、正直強すぎである。
かなりのバランスブレイカーであった【ラッキーパネル】で手に入る【ゾンビキラー】はもちろん、アイラ加入後に訪れることになる【コスタール】【ホビット族の洞窟】で買うことの出来る【ドラゴンキラー】【ほのおのつるぎ】などをも凌ぐ攻撃力+90で、更にたまに切りつけた相手を踊らせて1ターン行動不能にする追加効果付き。これを装備して【つるぎのまい】なんかしたらもうえらいことになる。
また、装備できるのがアイラだけならまだしも、【主人公】【メルビン】も装備できるので、かなり長い間使い回すことができる。