※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

移民の1人であり、分類は「船員」。
船長の怒りを買い、船乗りをクビになったようだ。

DQⅣ(リメイク版)

ゲーム中にこの名前は登場していないが、Ⅳ(PS/DS版)の取扱説明書やガイドブック等の公式資料において掲載されている画面写真で、男勇者に対してこの名前が使われている(所謂「【デフォルトネーム】」)。
後の外伝作品でも「ソロ」がⅣ男勇者の名称として登場。キャラクターとしての詳細・性能は【主人公(Ⅳ)】参照。

ソロと言えば英語で「単独」の意味。
独唱や独奏を意味する音楽用語としても有名。
冒頭で故郷を失い独りぼっちになってしまった彼はまさに独唱。
だが彼は旅の中で頼もしい仲間と出会い、彼らの奏でる組曲はやがて世界を救う壮大な英雄譚となってゆくのである。

DQⅤ(リメイク版)

ベビーパンサー(後にキラーパンサー)につける名前として、ビアンカが指定してくる名前のひとつ。
SFC版にはなく、PS2/DS版でのみ選択可能。
仲間モンスターとしての詳細・性能は【ゲレゲレ】を参照のこと。

DQⅠ(Wii移植版)

Ⅳでの用例に同じくゲーム中にこの名前は登場していないが、公式資料における主人公のデフォルトネームとして登場。
表記は「そろ」(FC版)もしくは「ソロ」(SFC版)。
本作の主人公は一人旅なので、最後までソロなまんまである。

DQMB

Ⅳ男勇者がこの名前になっている。
SPカード「ギガソード」のキャラとして登場。名前は「勇者ソロ」。
相手全体に物理ダメージを与える効果を持つ。
とどめの一撃はⅣの女勇者(勇者ソフィア)と同じくミナデイン。