※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅢ(GBC版)

ルビスのつるぎ。GBC版Ⅲにのみ登場する作中最強武器。
【アレフガルド】の創造主、精霊【ルビス】の名を冠する剣。

その威力は尋常ではなく、攻撃力はあの【おうじゃのけん】を40ポイントも上回る脅威の160。
DQ史上でも有数の攻撃力であり、これを上回る攻撃力を持つ武器はⅨの最強武器類の一部とその錬金失敗品しか存在しない。
しかも剣のくせに全職業で装備可能。魔法使いでも装備できるし武闘家が装備しても攻撃力が下がったりしない。
さらに道具使用で最強呪文【ギガデイン】が使い放題という驚異のビックリアイテム。
長い歴史を誇るドラゴンクエストシリーズの中でも、最強の武器と言っても過言ではないだろう。

その分手に入れるまでの道のりは険しく、入手条件は【グランドラゴーン】を25ターン以内に倒すこと。
一番困難なのはグランドラゴーンのHP10000を25ターンで削りきることではなく、
【モンスターメダル】を集めてグランドラゴーンに会うことであることは言うまでもない。
この長い道のりを経て苦労して手に入れたとして、既に最強の敵は倒してしまっているわけで、
使い道といえばグランドラゴーンや神竜撃破ターンの更新くらいしかないのが実情。
まぁヤリコミストへのご褒美である。つかの間の最強気分を存分に満喫しよう。

因みに道具として使った際には、「あれくるう いかづちが てきを うちくだく!」とメッセージが出る。
感電させるんじゃなくて打ち砕くのかよというツッコミはともかくとして、注目してほしいのは「いかづち」である。
GBC版Ⅲでは雷の杖・稲妻の剣はそれぞれ「いかずちのつえ」「いなずまのけん」という表記になっており、
戦闘中使用時も「いかずちが ほとばしる!」「いなずまが ほとばしる!」と表示されるのだが、
ルビスの剣使用時だけは「いか“づ”ち」なのだ。
DQに於いて「いなづま・いなずま」と「いかづち・いかずち」は古くから表記に揺れがある単語であり、
作品によっては両方の表記が共存することもあったが、割と最近の作品にもかかわらず
表記が統一されていないのは非常に珍しい例である。