※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

【主人公】の妹…として登場。
主人公より1つ年下の16歳。
主人公と2人で【ライフコッド】の村に暮らしており、早くに亡くなった両親に代わって家事全般を取り仕切っている。
【ランド】に一方的に惚れられているが、まだ結婚は実感が湧かないらしく結論を先延ばしにしている。一応その気が全くないわけではないようだ。
村祭りで神の御使い役をした際、精霊のお告げを主人公に伝え、旅立ちのきっかけを与える。
なぜか「自分と兄は実の兄妹ではない」という夢を最近見るようになり、自分と兄の関係に違和感を感じつつあるが…?

DQでは意外と貴重な妹キャラ。
健気で兄思いの可愛らしい姿に世の妹萌えプレイヤーが虜になり、回復は絶対にターニアの家!と決めている人もいるほど。
兄の呼び方は「おにいちゃん」または「○○にいちゃん」。

ストーリーを進め下ライフコッドを訪れると衝撃の事実が明らかになる。
主人公とターニアは兄妹ではないのだ。

現実のライフコッドに住むターニアは、両親を亡くした身寄りのない少女。
1人暮らしの孤独の中で「自分に兄が居れば孤独になる事もなかったのに」と、叶わぬ願いを抱いていた。
そんなある日、ムドーに敗れて行き倒れている主人公を崖の下で発見し助ける。
自分の思い描いていた理想の兄のような主人公を介抱する中で、いつしかターニアは彼を「お兄ちゃん」と呼ぶようになっていた。
幼くして実の妹と死別した主人公もまた、ターニアを妹のように可愛がっていた。

夢の世界における実の兄妹としての暮らしは、「お兄ちゃん」が「本当のお兄ちゃん」だったら良いのに…というターニアの夢に過ぎない。
徐々に違和感に気づいていく夢の世界のターニア。
精神と肉体が融合した主人公が「お兄ちゃん」とは別の人格になってしまった事に気付かされる現実のターニア。
彼女との会話はせつなく、そして物悲しい。
人格融合直後の【あのさ……あなたのこと○○○○兄ちゃんって呼んでもいいかな?】という問いに対しては断じて「はい」と答えよう。

デスタムーアを倒したことで、夢の世界も、夢の世界のターニアも消えてゆく。
エンディングのライフコッドにて、【フォークダンス】が静かに流れる中で
 「○○にいちゃん さよならだね。でも きっとまた 会えるよね。」
 「○○にいちゃん だいすき… さよなら…。 」
に涙したプレイヤーは数知れない。

その後、同じくエンディングの現実世界において
 「○○にいちゃん だーーい好きっ!!」
と言われて萌え死んだプレイヤーも真ムドーに殺された数より多いとか何とか。

なお、【レイドック王女】の名前を選ぶ際の選択肢にこの名前が出てくるが、当然ハズレである。
どの答えを選んでも、この名前が正解になることはない。