※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

複数の作品に登場する人名。いずれも【天空シリーズ】に関係する作品に登場する。

DQⅣ

【サントハイム】城の裏庭の部屋に隠居する老人。
かつては城に仕えていたらしく、ブライとは旧知の仲のようだ。
2章開始当初は1階台所の向こうに姿こそ見えるものの、話が出来るのは盗賊のカギを手に入れた後になる。
鍵扉の向こうに隠居しているだけあって、重要なヒントをくれる。

DQⅥ

アクバーの圧政に苦しむ【牢獄の町】で、道具屋の裏口をふさいでいるあらくれ。
反乱計画の中心人物の一人らしく、【トンヌラ】らと共に反乱のチャンスを伺っていた。
普段は睡眠薬入りのぶどう酒が隠してある道具屋の内部に兵士たちが近づけないように見張りをしている。

住人の処刑が開始される場面では、自らの危険も顧みずに思わず止めに入ってしまうような性格である。
とはいえ、自分たちでは力不足だということも十分わかっており、反抗できずに歯痒い思いもしている様子。
その場は主人公たちが代わって歯向かい、返り討ちに遭うことで一旦収まるのだが、
この行動が反乱軍の人間たちを勇気付け、反乱を開始するきっかけの一つとなった。

そして反乱が始まる直前、再び牢に入れられた主人公たちを解放しに駆けつけ、
反乱が始まった後はトンヌラやソルディ兵士長らと共に敵の兵士たち相手に奮闘していた。

トルネコ1

【トルネコの店】の従業員。
2号店の営業開始と同時に雇われ、武器防具担当となる。
「いらっ・しゃい・ませえええーーー!!」とやたら威勢良く接客しているが、客からは「うるさい」と不評。
【しあわせの箱】を取ってくると、同僚の女性従業員ポリーからプロポーズされ、結婚する。