※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

DQMJ2から登場した特性。
その名の通り常に【マホカンタ】が掛かっている状態になるというもの。
この特性を持つモンスターは常時【呪文反射】状態で、この状態は通常のものとは異なり【いてつくはどう】でも解除することができない。

恐らく本編での戦闘開始時に最初からマホカンタを張っているモンスターを再現したものだろう。

また、対になる特性に【つねにアタックカンタ】が存在する。

JOKER2


JOKER2P

【キラーマジンガ】【エビルプリースト】、最強化した【シルバーデビル】【ゲモン】なども持つようになっている。
また、【スラ・ブラスター】は「つねにマホカンタ」と「つねにアタックカンタ」の両方の特性を持つ貴重なモンスターである。

テリワン3D

強力な特性とみなされ、これを持つモンスターはやや能力が低めになり、
この特性が後天的に追加されるモンスターは最大HPが25%カットされると言うデメリットも付いた。