※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【トルネコの大冒険 不思議のダンジョン】に始まる不思議のダンジョンシリーズを語る際にしばしば引き合いに出されるゲーム。
この大百科でも度々見られる名前である。略称は『シレン』。
元々は【チュンソフト】がトルネコ1に続いて発売したオリジナル作品。
ちなみにシレンとは主人公の名前(変更可)で、『風来人(ふうらいにん)』と呼ばれる旅人としてダンジョンに挑む。
世界観は和風でドラクエとは似ても似つかないが、音楽が同じすぎやま氏なので根底の匂いは似ている。

トルネコはトルネコでシリーズを作っているのに対し、シレンもシレンシリーズとして続編が出ている。
そして同じチュンソフト作品ということで、二つまとめて『不思議のダンジョンシリーズ』としても語られる。
これら二つのシリーズは相互に影響を及ぼし合っており、システムや発想の輸出入が頻繁に行われている。
の存在や【合成】にダンジョン内の店、【印】や罠にアイテムを落として起動といった要素はシレンシリーズが初出。
モンスターの能力やアイテムの効果もシレンシリーズが初出のものが多数ある。
一方でトルネコ初出の概念もあり、『アイテム持ち込み前提の高レベルダンジョン』は【試練の館】が最初である。

トルネコシリーズに比べると実験的な要素が多いが、ローグライクゲームの本質にはこちらの方が近いか。
恐らく、トルネコはあくまでドラクエシリーズの外伝なのに対し、シレンはオリジナルなので自由に作れるのだろう。
ただ、それが良いか悪いかは別であり、シレンシリーズの中にはかなり評価が低いゲームもあったりする。