※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

漫画【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】の劇場映画三作品目「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ぶちやぶれ!!新生6大将軍」に登場したオリジナルキャラクターで
新生6大将軍の一人。
魔影軍団の次期魔影参謀として生みだされた動く甲冑(リビングアーマー)【ミストバーン】の影武者。魔影将軍の肩書をもつ。
豪魔軍師【ガルヴァス】により彼の力の一部を封じた豪魔六芒星の魔宝玉を預けられており、それを額に身に着けて力を増している。

体をバラバラにされても再生出来る程の生命力を持っており、また、体を二つに分離し行動することで相手を袋叩きにしたり、応用することで攻撃をかわすことも可能。
また、両肩に装着されている盾をブーメランのように投げつけて相手を攻撃する。
しかし、完全に不死身という訳でもなく、最後はダイの「【空裂斬】」によって真っ二つにされ倒された。

ちなみにミストバーンほどの戦闘力の無さでよく影武者やってんな!!っとか、バーンの片腕であり事情を知らないとはいえバーンの肉体を預かっている彼にとって
代わろうとするなんて(上司であるガルヴァスの目的が正規の魔王軍六団長達にとって代わって表舞台で活躍する事であるため)身の程知らずだ!!なんて突っ込んではいけない。

余談

「空裂斬」で倒されたところから禁呪法により生みだされた禁呪法生命体と思われるが詳細は不明。
仮に禁呪法生命体だったならばそれを使った術者の精神が反映された意思を持つため、彼の精神も影響を受けていると考えられるが術者は不明。
おそらくは豪魔軍師ガルヴァスだと推測される。
また禁呪法生命体であったならばコアも存在すると思われるが、フレイザードの時の様に視覚化されておらず、また、ハドラー親衛隊のように体ごと吹き飛ばされたり、消滅させられたり、
爆発して消滅したりしなかったため詳細は不明(案外ただの禁呪法生命体の特徴を持つ金属生命体だった可能性もある)。