※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

過去の【リートルード】編のボス、【タイムマスター】の散り際のセリフ。
全文は、
「お…おのれぇ この私がこのガキどもにぃ…
たが喜ぶのはまだ早いぞ。 たとえ私が死んでも時の封印が解かれる事はない!
そう…この時の砂時計がある限りはなぁ… フ…フハハハハハ…!」

その後、彼の頭上に「!」が現れ、このセリフを吐き、部下と共に消える。
そして彼らが消えた後、彼の計画の要でもあった【ときのすな】を入手できる。

タイムマスターという名前や、「時の流れを我がものにしようとする邪悪な魔法使い」という設定は、中盤のボスにはもったいないスケールの大きさであり、その点ではものすごい大物と言える。
だがこのようなセリフのせいで、とても大物のボスとは思えなくなってしまう。