※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ご存じ、豪華な冠を被った巨大な【スライム】の王様。
Ⅳ以降常連のモンスターで、通常のスライムとは段違いな強さを誇る。

出現方法が2種類あり、
とがある。

ただ、王様のくせに最下位種で、上位に【スライムベホマズン】【メタルキング】がいる。

本編

DQⅣ

キングスライムそのものは野生では出現せず、合体スライムが合体することでのみ出現する。
合体スライムは第4章のキングレオ・ハバリア・アッテムト周辺に出現するので、ここで戦うことになる。
イオ系が必ず効くのだが、マホステをかなりの確率で使うので、直接攻撃で倒そう。
初めて出遭う時点では強敵で、報酬も経験値100、150Gと結構お得。
FC版では第4章でしか会えないが、リメイク版では第5章以降の古井戸の底にも合体スライムが出るので第4章より後でも戦える。
落とすアイテムはふしぎなきのみ。

DQⅤ

テルパドール、メダル王の城周辺に合体スライムが現れる他、メダル王の城周辺では普通に出現する個体が初めて登場した。
ザオラルを使うようになった他、のしかかってきたり、馬車のドアを閉めたりとテクニシャンなモンスターと化した。
報酬は経験値200、所持金115Gとまずまず。
また世界樹の葉を落とすこともあるため、合体スライムが出現したら倒したりして合体を防ぐよりも合体するまで放っておいた方がいい。
HPと攻撃力がⅣと比べて非常に高くなっている上に、合体して即座に行動するため、HPの低い仲間は注意。
呪文耐性が少々高くなっており、バギ系とデイン系以外に耐性を持つので直接攻撃が有効。
確率は低いが、仲間にもできる。詳細は【キングス】参照。

DQⅥ

ペスカニ周辺などに登場。なぜか合体スライムよりも登場が先。
基本的にⅤと似た傾向だが、ベホイミも使えるので、よりしぶとい。報酬はⅤと同じ。
ドロップアイテムはなぜかくじけぬこころ。王様ゆえの苦労や悩みがあるのだろうか…。
前作Ⅴに引き続き仲間にすることもできる。詳細は【キングス】参照。

DQⅦ

ルーメンの洞窟や異変後のクレージュに登場。スライムLv8の合体でプロビナ山洞窟や【山奥の塔】にも出現する。
【ベホマラー】で回復するのでマホトーンで封じたい。呪文耐性は低くなった。
報酬は経験値120、所持金77Gと周りに比べて少し高いかなという程度。
【スライムLv8】は結構報酬が多いので、合体させずに倒した方がいいだろう。
落とすアイテムは命のきのみ。
なお、3DS版でのスライムLv8の弁によると、合体時に王冠に変身するスライムが一番強いらしい。

現代の山奥の塔地下1階ではボスとして登場する。
1~2回行動で、「ぷくーっと膨れ上がってのしかかる」やボディアタック、ベホイミを使用する。
攻撃力が高いので、二連続で狙われると100前後のダメージを受けてしまうので注意。守備力さえ上げれば特に苦戦する相手でも無い。
しかし、通常より強い癖に経験値も所持金も雑魚の時と同じというのはさすがに納得が行かない。

DQⅧ

ベルガラック地方の北部で合体スライムの合体によって出現するほか、レティシア東西の小島に普通に出現。
Ⅷ版クレージュの風鳴りの丘にも出現する。基本的傾向はⅦと同じ。報酬は経験値110、所持金51G。
船入手直後ではベホマラーに加え、キラーアーマー並みの攻撃力とゴーレム並みのHPを持つ強敵なので注意。
ただ呪文耐性はほぼ無くなっているため、攻め手には困らないだろう。
スライムピアスを落とすが、低確率で【スライムのかんむり】を落とすこともあるので乱獲される。
スカウトモンスターとしても登場。 【ゆうぼん】参照。

【荒野の山小屋】の井戸には合体していたらハマって動けなくなってしまったキングスライムが居て、助けると上記の冠を貰える。

DQⅨ

サンマロウで合体スライムが合体して出現するほか、あめのしまの小さい方の島の日中、クリア後のウォルロ地方の高台などでは普通に出現。
Ⅷまでは作品ごとに報酬が減る傾向にあったが、本作では経験値600(平均150)、所持金164Gと増えた。
Ⅷと同じくベホマラーを唱える他、のしかかる強化攻撃も健在。HPもかなり高いので長期戦になりやすい。
闇属性に弱いが、初めて出遭う時点では無い場合が多いので、光以外の攻撃属性や通常攻撃で倒した方がいい。
落とすアイテムは、スライムゼリーかレアでⅧと同じくスライムのかんむり。
ただ、オンリー地図があるメタルキングも冠を所持しているため、乱獲されることはほぼない。

モンスターズシリーズ

当然のごとく常連。

DQM1,2

1では試練の扉のボスとして登場。GB版では餌付けすると仲間になる。
2ではイル編のみ天空のカギの世界で出現。
能力値はHP、攻撃力の伸びが良いが、大きな身体の見た目通り素早さは伸びにくい。
耐性は安定して高めで、その気になればメタル化も可能である。
覚える特技はホイミ(GB版1)、マホイミ(GB版1以外)、ザオラル、フバーハ。
配合はスライム×2(どちらかのスライムが+4以上)スライム系×????系、ぶちキング×ロックちょうなど。

DQMCH

補助&回復役として【ラダトーム城】地下4F・【スライムランド】などに出現。
素早さの伸びが悪いのは相変わらずで、他の能力値も全体的に早熟。耐性はそれなりに安定している。
重さが5と重めなのはちょっと問題。
ランク転身は出来ず、特殊転身としてスライム(+8以上)+スライムの心×2、スライム+キングスライム&任意のスライム系の心などがある。
覚える特技はベホマラー、フバーハ、ザオラルとかなり豪華。

DQMJ

【ノビス島】の山頂でのお参り後に石碑前に時々出現。
ノビス島では【ギガンテス】に次ぐ強さなので、腕に自信がなければ近づかないように。
能力値はHPの伸びが特に良い。素早さが伸びないのはもはやお約束。
もりもりスライム×2で配合できる他、スライムの4体配合でも作れる。
後者ならその気になればサンドロ島の時点で作れるかも。
スキルは「ゆうき」。スライムベホマズン、ワイトキング、グランスライムなど配合に使う機会もかなり多い。

また、エンディング後のライバルマスターが低確率で連れている事もあり、【エロネ】のは【サンダーガード】【ダイキ】のは【ファイアガード】という固有のスキルを持つので、コンプの際は狙ってみよう。

テリワン3D

元作では【しれんの扉】の主の1体だったが、上位種である【スライムベホマズン】に取って代わられた為、今作ではこいつは旅の扉のぬしではなく、野生にも出てこないので、仲間にするにはタマゴから孵すか、他国マスターからスカウトするか、配合で生み出すしかない。
だがスライムベホマズンは位階配合で作れるのに、何故かこいつは位階配合では作れず【もりもりスライム】×2の特殊配合でしか作れない為、仲間にするのは結構面倒。また、【スライム】×4の4体配合では生み出せなくなっている。
こいつ2体を使った特殊配合でスライムベホマズンが作れる他、【デスソシスト】【なげきのぼうれい】との配合で【ワイトキング】が、こいつ2体と【バブルスライム】2体の4体配合で【バブルキング】が生み出せる。

不思議のダンジョンシリーズ

トルネコ3

不思議の宝物庫のいわゆる【攻撃・特殊】軍団の一員。
ベホマラーで回復するので、火力が低いとじわじわ削られて死んでしまう。
コイツに限った話ではないが、51階以降の攻撃力インフレは凄まじいものがある。
仲間にするにはクロウアンドレア装備でLv81以上が必要という鬼仕様。辛抱強くレベル上げするしかない。

少年ヤンガス

一転してしゃくねつのほら穴といにしえの闘技場のみに登場する地味な扱いに。
スライムエンペラーの影に隠れてしまった感がある。
HPと力は高めだが、守りが弱いので受けるダメージに要注意。Lv8でホイミ、Lv15でぶちかましを覚える。
配合はスライム×ドラゴン系など。

MOBILEシリーズ

能力値は平凡で特徴はベホイミを使うくらいだが、特筆すべきは異常なまでの経験値の高さ。
325という数字は同階層に現れるモンスター(だいたい50~90程度)と比べても桁違いに高く、
アークデーモン(320)やダースドラゴン(300)といった強敵をも上回る。
上位種のスライムベホマズンも経験値が高いので設定ミスという訳ではなさそうだが、なぜこうなったのかは不明。
とにかく、経験値目当てでキングスライムが狩られるのは後にも先にもこのシリーズぐらいだろう。

DQMB

第1章から合体モンスターとして登場。
組み合わせは【スライム】【スライムベス】【メタルスライム】。ルール上スライムのみのパーティが作れないため、このようにスライムとその上位種で構成されている。
ステータスはHP:2200 ちから:162 かしこさ:185 みのまもり:80 すばやさ:98。
使う技は「スラ・スクリュー」と「スラ・スマッシャー」。
前者は回転しながら飛び上がり、敵1体を押しつぶす2回攻撃。後者は灼熱のレーザーを発して敵全員を攻撃。

爆発、光、暗黒属性の攻撃に強いが、炎属性の攻撃に弱い。また、回復系の技も使わない。

余談

そのぬうぼうとした風貌から、2chでは、一時「キングスライムとともに苦難を乗り越えて行くスレ」を中心に流行した。

          .,Å、
         .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
        o| o! .o  i o !o
       .|\__|`‐´`‐/|__/|
        |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
      , '´            `‐、
    /::::::::::::.               .ヽ
    |:::::::::::::   (●)     (●)    |  
   .|:::::::::::::::::::::   \___/     .|  
    |:::::::::::::::::::::::::.  \/        .|  
    'i:::::::::::::::::::.           _ ノ'  
     `''─ _      _ ─''´