※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

DQを歌った女性デュオ。
厳密に言えば「DQの作中で流れるBGMに歌詞をつけて歌う」という前代未聞の企画のために誕生したユニットである。
志村真澄(21)と伊藤真由美(19)の2人で構成されていた。
CDのジャケットには緑の神秘的なドレスを着た彼女たちが映っている。
透明感のある歌声とハモリの美しさが売り。

グループ名の由来は当然移動呪文【ルーラ】。CDジャケットによればローマ字表記は「Loula」らしい。
当時はファンクラブも存在した模様。

DQブームが落ち着きかけていた1993年1月25日にシングル「結婚ワルツ」でデビュー。
Ⅴの名曲【結婚ワルツ】に歌詞をつけたものと、Ⅱのエンディング兼【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】エンディングである【この道わが旅】を収録していた。
次いで、同年5月26日には「結婚ワルツ」収録の2曲に新収録5曲を加えたアルバム【ドラゴンクエストのうた】をリリース。
しかし、このアルバムのリリース後は「ルーラ」としての活動、志村・伊藤両女史の活動ともに確認されておらず、その後の足取りも全く不明。

後に、【すぎやまこういち】氏はドラクエの音楽の歴史を語る場において
「ドラクエで歌をやると失敗する、前に企画ものが失敗してたよね」的な発言をしていたが、
その矛先は彼女らではなく【牧野アンナ】の「Love Song探して」。
…もしかして記憶にすら残ってない?

なお、これらのCD(カセット等でのリリースはされていない)はポリスターより発売されたが、ルーラの引退以降ポリスター社がDQに関わることはなかった。