※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

漫画【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】の劇場映画三作品目「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ぶちやぶれ!!新生6大将軍」に登場した
オリジナルキャラクターの一人。
新生6大将軍の紅一点にして不死将軍デスカールと並び豪魔軍師【ガルヴァス】の片腕で、妖魔士団長【ザボエラ】の影武者。
肩書は妖魔将軍。
とはいえ魔法攻撃を使用する場面は全くなく、もっぱらこの手のキャラクターのお約束と同じく【いばらの鞭】(茨状の触手?)での攻撃が主な攻撃方法であるため、
何故に妖魔将軍なのかは謎。
妖魔と妖艶を掛けて、お色気担当という意味で妖魔将軍なのだろうか?

豪魔軍師ガルヴァスにより彼の力の一部を封じた豪魔六芒星の魔宝玉を預けられており、それを腰の辺りに装着しパワーを増している。

女性らしい口調で、姿はレオタード状の服を着た妖艶な美女の姿をしているが、本来の顔は醜悪な植物系の魔物で、
可愛い女の子を見ると傷つけたくなるサディストっぽい一面を持つ。
また、激昂すると髪が逆立ち、本来の顔が仮面を被る(覆う)ように迫り出してきて醜い本性をさらけ出し、
口調も口汚く相手を罵る口調に変化する。

(美しい自分の)髪の毛を切られて逆上し、ダイ、ポップ、レオナをいばらの鞭で滅多打ちにした。

デスカール共々新生6大将軍の中で最後まで生き残るが、最後はダイが投げつけた炎の魔法剣が背中に突き刺さり絶命した。

なお、何気に、二次創作、しかもその映画とはいえ、DQⅢの【魔女】【魔法お婆】以来の女性型モンスターであり、
(擬態?ではあったが)DQ史上初のまともな姿の女性型モンスターだったりする。