※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅸやジョーカー2に登場するモンスター。
Ⅸでボスとして登場し、ジョーカー2からモンスターズシリーズにも参戦した。

なお、Ⅸに登場するキャラクターとしてのグレイナルに関してはこちらを参照。


DQⅨ

ドミール火山ボス

【ドミール火山】の頂上に住み、【ドミールの里】で「空の英雄」と呼ばれている白いドラゴン。
火山を訪れた主人公を帝国の兵隊と同じにおいがするから、と刺客と勘違いし、戦うことに。

通常攻撃の他、激しい稲妻や燃えさかる火炎、光の炎で強力な全体攻撃を仕掛けてくる。
燃えさかる火炎や光の炎はバーハで軽減し、稲妻はゴームの手袋や長靴などの効果で防ぐといい。
攻撃は氷属性か闇属性がよく効く。ドラゴン系なので【ドラゴンキラー】【ドラゴン斬り】を使うと大ダメージを狙える。
1ターン休みと守備力低下も一応有効なので、効きづらくはあるが狙ってみるのもいいだろう。
複数回攻撃せず、【凍てつく波動】も使わないので、回復をきちんとしていれば負ける相手ではないはず。
後に登場するときの強さに比べ、かなり弱いため300年前より大きく弱体化しているのだろう。

宝の地図ボス

後に【宝の地図】の洞窟のボスとして、若返った姿で登場する。
宝の地図のボスの中でも最強を誇り、高レベルの宝の地図にのみ登場する。
倒すと【せかいじゅのは】を必ず落とす他、時々【オリハルコン】(10%)や竜王の地図(5%)が入手可能。

戦闘においては完全3回行動で攻撃するし、通常攻撃の他、荒れ狂う稲妻と光の炎、【マダンテ】を使う。
マダンテは300近くものダメージを受け、エルギオスの使うものよりも威力は上。
光の炎のダメージもドミール火山で戦った時より3倍近い威力を誇っており、200前後のダメージを受ける。
しかも凍てつく波動はもちろん、【超おたけび】や、【若き血潮】というオリジナル技で攻撃力、守備力、素早さを強化することもある。
一応、行動パターンは決まっており、最初は通常攻撃、超おたけび、荒れ狂う稲妻を使うAパターンで、一定の確率でパターンが移行。
光の炎or凍てつく波動→凍てつく波動→若き血潮→マダンテ→凍てつく波動→MP回復→Aに移行かBを最初から…のBパターンがある。
Aパターンのままならほとんど通常攻撃なので苦戦はしないのだが、なかなかそうはいかない。
光の炎と稲妻を防げる防具や、若き血潮を消すための凍てつく波動など、準備は怠らないように。
攻撃する際は闇属性が非常に有効。ダークフォースを使うかドルマドンを使ってダメージを与えていこう。もちろん、ドラゴン斬りも有効。

DQMJ2

モンスターズシリーズではジョーカー2でドラゴン系SSランクとして初登場。
バルボロスと竜神王を配合する事で誕生する、贅沢なモンスター様である。
バルボロスの色違いではなく、老いていろいろ残念になったグレイナルで、上にちょこんと乗ったウォルロ村の守護天使(推定)が可愛い。
通常攻撃のモーションはグレイナルの口から出るレーザー光線で、ブレス等の特技モーションでは上に乗ってる天使が頑張る。おい。
バルボロスや竜神王と同様にMサイズ(2枠)で、特性はメガボディ、デイン系のコツ、てんしのきまぐれ。
能力や耐性はこのランクの2枠らしく優秀で、主要な状態異常にはほぼ耐性があり、炎ブレスやデイン系も無効化できる。
ただし原作どおりにドルマ系に弱く、おにこんぼうにダークマッシャーされたらお察しください。
コツは持っていてもブレイク系の特性が無いため、素材となるバルボロスの方が使い勝手が良いという声も強いが、炎ブレス無効なのでマダンテが無効化できる点では有利。
スキルは固有の【竜のひざけ】

DQMJ2P

プロフェッショナル版では完全2回行動を会得したが、その反動か全ての能力が低下。1000を超えるのはHPだけとなった。
特に素早さは650とかなり下がってしまい、先手をとられることもしばしば。
加えてドルマだけでなくベタン・毒・ルカニに弱くなったため、耐久面もやや不安に。
一方、攻撃力はメガボディ2回行動としては高めで、特性に「ときどきバイキルト」が加わって
攻撃面がより強化されたため、強力なモンスターであることに変わりないといえよう。
オリジナル版では配合の終着点だったが、今回は神竜やトーポの素材になる。
スキルは変わらず「竜のひざけ」。

テリワン3D

本作では使用可能な枠が4枠になった為、ライバルである【バルボロス】【竜神王】と肩を並べる事が可能に。
能力面が微妙な点は変化無しだが、+50で新たに「マホトラ攻撃」を会得するようになった。
仲間にするには他国マスターからスカウトするか、バルボロスに竜神王を配合して生み出すしかない。とは言うものの、バルボロスを使う他国マスターは一緒にこいつも使っているので、スカウトでは当然こいつに集中する。こいつはタマゴからは生まれないので、ライブラリの図鑑をコンプリートする場合、先にバルボロスを手に入れて、竜神王との配合でこいつを生み出した方が効率はいい。
【わたぼう】【かみさま】との配合で【トーポ】が、【にじくじゃく】【エグドラシル】【じげんりゅう】のいずれかとの配合で【神竜】が生み出せる。神竜の配合には専らにじくじゃくが使われるだろう。

DQMBV

アーケードでは未登場だったが、「ビクトリー」では【レジェンドクエストⅨ】の第六章で登場。
流れからすれば老いた姿で登場するはずだが、全盛期の姿(=バルボロスの使い回し)で登場。
技も【バルボロス】の技を改変したものを使用。また、属性もほとんどが光属性に変わっている。

5800という大魔王に匹敵するHPを持ち、攻撃力も高い。
原典どおり暗黒に弱いので、そこを突いてやろう。