※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テリワン3D

テリーのワンダーランド3Dに登場するモンスターにして、同作の【隠しボス】
【凶魔獣メイザー】を倒そうとした【魔戦士ルギウス】が融合して変化した。
赤と黒のツートンカラーの身体と白い髪、灰色の翼を持つ巨人の姿をしており、
6本の腕を持ち、ジェノダークのように下段の両腕が腕組みしている。

凶魔獣メイザーとの連戦で戦う。間に回復が挟まるので万全の状態で臨める。
HPは7570で、J2Pの【ヒヒュドラード】よりは低いが、総合的な強さは明らかにそれ以上。
星のきせき、まじん斬り、オーロラブレス、ジゴデイン、グランドネビュラを攻撃手段に持ち、
「通常攻撃→星のきせき→まじん斬り→オーロラブレス→ジゴデイン→グランドネビュラ→…」の
ローテーションで毎回2~3回行動してくる(戦闘開始時にどの行動から始まるのかは不定)。
まず何よりも「まじん斬り」を防ぐための「会心封じ」が重要。
まともに受けると650近いダメージになるので、これの有無だけでもかなり違ってくる。
グランドネビュラも耐性によっては400以上のダメージを受ける事があり、かなり危険。
全能力を上げる「星のきせき」も地味に厄介。攻撃してこない分マシだが、使われるだけで攻撃が通らなくなる恐れもあるので、
可能であれば「いてつくはどう」を使って消し去ってしまうといいだろう。
ベホマズンを使いながら凌ぎ、弱点のイオ系を持つ特技も交え、バイキルトで強化した物理攻撃で大ダメージを狙おう。
ただし、この時限定の特性として「いてつくはどう」があるので、補助呪文の積み過ぎには注意。

モンスターとしては???系のSSランクで、全種族の中で最も位階の高いモンスター(位階は609)。
今作の配合チャートの終着点だけあって、配合手段は非常に面倒。
仲間にするには凶魔獣メイザーと【アギロゴス】の配合が必要になる。
凶魔獣メイザーの時点でも十分な苦行だが、アギロゴスを生みだすのも苦労の連続(2012年8月2日以降、アギロゴスはノーマルプレゼント対戦で入手できるので、それを入手すれば配合で生み出すのが凶魔獣メイザーだけになるので、労力をある程度軽減できる)。
通信手段や【引越しアプリ】を使わない通常プレイにおいて、こいつを仲間にする為には、最低でも以下のモンスターを自力で用意する必要がある。これら以外にも必要なモンスターは山ほどいるが、用意するのが特に面倒な素材を4種類挙げる。この中でもタマゴと【他国マスター】は完全にランダムな為、非常に運の要素が絡む。他国マスターは酒場が出るフロアの直前でセーブすれば、ある程度は厳選できるが、タマゴに関しては本当に手の施しようがない。なので運が悪いと、いつまで経ってもこいつを完成させられない可能性もある。

●ソフト単体ではタマゴからしか生まれないモンスター:【ポンポコあにき】【わたぼう】【少年レオソード】、神獣など。高価な【にじのタマゴ】からしか生まれないモンスターも多数必要。タマゴから生まれる種族が全てランダムで決まる関係上、これらのモンスターを狙って仲間にする事は不可能。可能であれば他人からローカル交換や【すれちがい通信】などで貰ってしまうのも手。
●歴代の魔王達:【デスタムーア】【オルゴ・デミーラ】【ミルドラース】【ゾーマ】の4体。それぞれ最終形態にしたものが必要になるが、実を言うとこいつらは、配信専用の【ラーミア】を2体以上入手していれば省略可能。と言うのも、こいつらは全て【竜神王】を作るのに必要となり、竜神王は【神鳥レティス】【グレイナル】を作るのに必要となるが、グレイナルは他国マスターからでも入手可能な上に、神鳥レティスを使う配合は全てラーミアで代用可能だからである。ラーミアが入手できない場合は神鳥レティスが2体必要になるので、これらの魔王も必要になる(【あくまの書】を使えば配合の途中で【魔王ラプソーン】を2体入手できるので素材の魔王達は1体ずつあればいい)。
●再戦可能な旅の扉のボス:Wi-Fiやローカル交換できる環境がない場合、【さいはての扉】【やまたのおろち】は最低でも3体必要。また、裏ボス撃破後にと再戦して仲間にしておかないと何も始まらない。この他にも【魔王の使い】【アクバー】が何体も必要になったり、【キラーパンサー】【ジャミラス】【ゴールデンゴーレム】【暗黒の魔神】を生み出す為の【ゴーレム】なども地味に必要だったりする。こいつらは倒すだけで何度でも入手できるものの、仕様上飛ばせない【タイジュ王】との同じ会話シーンなど、システム面での面倒臭さは他の要素に勝るとも劣らない。
●ソフト単体では他国マスターからのスカウトでしか仲間にできないモンスター:【ローズダンス】【じごくのマドンナ】など。グレイナルか【バルボロス】のどちらかも必要。ただし、バルボロスの場合は貴重な竜神王も必要になるので、素直にグレイナルをスカウトした方が得策。また、素材が他国マスター及びタマゴからしか入手できない【キングモーモン】も地味に厄介。こいつ自身を他国マスターからスカウトしてしまうといいだろう。

…このように非常に多くのモンスター(入手困難なモンスターも含む)を仲間にして配合していかなければこいつを仲間にする事はできない。前述の通り裏ボス撃破は大前提、【すれちがい通信】【他国マスター】、前作からの【引越しアプリ】、にじのタマゴの購入資金を得る為の【勝ち抜きバトル】、同じモンスターが複数必要になる(竜神王やグレイナルなど)為、それらを入手する為の【めぐりあいの扉】など、ソフトの隅々まで遊び尽す必要がある。
少年レオソードや神獣などをすれちがい通信で運良く手に入れられればある程度は楽に生み出せる。それ無しでも生み出せない事はないが、それができたらもう廃人の領域だろう(特に少年レオソードが厄介で、生まれる確率が異常に低く設定されているので、すれちがいも引っ越しもローカル交換も無しでこいつを作るとなると、途方もない程膨大な時間がかかってしまう)。
凶魔獣メイザーと比べると、AI1~3回行動にダウンしている為か、MPや守備力以外で上回っている。
とはいえあまり高いほうでは無く器用貧乏感は否めず、苦労に見合う価値はあまり大きくない。
特性では「ときどき赤い霧」「光のはどう」「星のいかり」を持ち、+25で「いあつ」、50で「やみのはどう」が加わる。
何気に特性の「やみのはどう」を持つのはこいつだけなので、特性のコンプリートにはこいつが不可欠。
所持スキルは固有の「魔戦神ゼメルギアス」。