※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険

オリジナルモンスターの一種。
【ザボエラ】の究極の理想『自分の肉体は一切傷つかずに思い通り動かせ、なおかつ一方的に敵をいたぶれる能力』及び、
対超魔生物(ザムザ)戦で猛威を振るった武神流「閃華裂光拳(【マホイミ】)」対策、
【超魔生物】改造による生命力の大幅な消費の改善の元に考え出され制作された「超魔生物第二号」にして、
最早完全なる戦闘兵器の域に達した究極の超魔。

特徴

まず材料とする大量の死骸に魔法の玉を打ち込む。
これは死骸をゾンビの一部にするためのパーツでもあり、物理的な威力を持ってまだ息がある者に止めを刺す役割も持つ。

必要量の死骸に魔法の玉を打ち込み終わったら、「超魔合成」の号令によってそれらを結集。
数百匹分にも及ぶ大量の死肉の集合体として魔力で自身の体の周りに纏わせる。
その後集合した死体は巨大な人型の個体へと形を成し、ザボエラ自身はその中に入り込んで隠れ、中から操る。
言わば一種のパワードスーツのようなコンセプト。

圧倒的な怪力と、両腕に仕込まれたボーンスキュル(刃)を駆使して戦うが、
特筆すべきはその類を見ない圧倒的防御力であり、肉体は膨大な死肉の凝縮体のために衝撃をゴムのように吸収してしまう。
拳や鈍器で殴っても衝撃を吸収され、剣で切りつけても食い込むだけで切り抜ける事ができない。
そればかりか剣が抜けなくなって手放さざるを得なくなり、強度の低い剣は切りつけた時点で折れてしまう。
そのため操縦者のザボエラに痛みを伝える事が一切無く、超魔ゾンビ自体を破壊する事も困難。

また、並の魔法攻撃も有効ではなく、更には超魔生物に絶大な威力を誇った閃華裂光拳(マホイミ)も死骸なので通用しない。
メドローアあたりならば打ち抜く事は可能だったかも知れないが、生憎そこにはマトリフやポップはその場に居なかった。
まさしく自分の手は一切汚さないザボエラの究極の結論の結晶ともいえる存在である。

唯一の弱点は、あくまで操り人形に過ぎないため、操縦者のザボエラの魔力を絶たれると無力化してしまうことであるが、
体内の奥深くに隠れられてしまえば、超魔ゾンビを破壊しない限りザボエラに攻撃することが出来ず、無力化も不可能。


「絶対的な防御力を上回るパワーとスピードで究極の武器を使えば切り裂く事が可能かも知れない」という
ロン・ベルクの仮定の元、ノヴァは決死の覚悟を以て使用者の生命力と引き換えに
決して折れる事のない闘気エネルギーで形成した『生命(いのち)の剣』で切り開こうとする。

しかしロン・ベルクはその生命の剣でも打破は不可能だと見越しており、ノヴァを必要以上に血気盛んになっていると
説得して止めさせようとするが、ノヴァの強い勇気と覚悟に逆に感じ入り、ノヴァの行動を身を呈して引き止める。
そして自らが命を削る覚悟を決め、ロン・ベルクの未完成の専用武器「星皇剣」と究極の技「星皇十字剣」の封印を解く。

星皇十字剣を使ったことによりロンの両腕は崩壊してしまうが、超魔ゾンビを破壊する事に成功。
超魔ゾンビは十字に切り裂かれて灰となって消滅した。
中身のザボエラまで同時に倒すには至らなかったが、這い出すのに精一杯だったザボエラは程なくして捕捉され、止めを刺される。

余談

デザインは1994年末に発売された1995年のジャンプ1号から募集されたオリジナルモンスター大募集のコーナーで ジャッジ、ドラムーンのゴロアと共に採用されたものである。