※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テリワン3D

同作で追加された特性。
これを持っていると、攻撃を受けてHPが0になっても、そのラウンドが終わるまでは倒れずに残って行動できる。
ラウンドが終わると力尽きるが、発動中は幾ら攻撃を受けても平気。
ただし、毒や猛毒、連携中の攻撃、自分にも被害が出るもろば斬りなどを使って力尽きた場合や、他の味方がそのラウンドで既にこの特性を発動している場合には発動しない。
また、発動中はHPが回復しない他、【メガンテ】、もろば斬り、【すてみ】、特攻、【たいあたり】【メガザル】【メガザルダンス】を使っても効果がない。
【リザオラル】がかけられるとリザオラルの方が優先される。
これと【みがわり】を組み合わせて、HPがなくなってもラウンド終了までみがわりさせ続ける戦法や、これとリザオラルとみがわりを組み合わせて、無限にみがわりを張り続ける所謂「亡者リザオ」という戦法もある。
その際、リザオラルは【こうどう おそい】持ちか素早さの低いモンスターにかけてもらうのが有効。
アニマルゾンビやスラ忍シリーズ、皇帝ガナサダイなどが主に修得する。

また、敵の攻撃を喰らってHPが0になってから発動するという性質上【こうどう はやい】とは非常に相性が悪いので注意。
こうどう はやいを持っていると、こちらから【アンカーナックル】などの行動順が最後になるような行動をとらない限り、相手より先に行動してしまう。故に相手の攻撃を貰ってHPが0になってからの反撃という事態を想定する事ができず、その頃には既にそのモンスターの行動が先に終わってしまう為、特性が発動できたとしても何の意味も無いままラウンドが終わって力尽きてしまい、結果的に死に特性と化してしまう為である。その証拠に、素でこれとこうどう はやいを両立しているモンスターはいない。
下記の通り、AI戦なら死体殴りに一役買ってくれそうだが、命令できる戦闘ではそれも無意味である。その為、素でこの特性を持っているモンスターには、究極配合でこうどう はやいを選択しないのが無難である。
逆に【こうどう おそい】とはかなり相性が良く猛威を振るえるが、残念ながらこれとこうどう おそいを両立しているモンスターは、+25以上の【ギガンテス】【おにこんぼう】、+50以上の【オセアーノン】だけである。

これが最も厄介なのは、対戦を含めたAIによる戦闘の時。
AIの特徴として、HPが少なく倒せそうな相手を攻撃する、というものがある。
これが発動されてHP0で「生き残」られると、AIは最もHPの少ないそのモンスターを「倒せる」と見なし、そのモンスターを集中して通常攻撃してしまうのである。
結果的に死体殴りで攻撃を無駄にしてしまう事となる。
しかもこの殴られる対象がおにこんぼうや【ギュメイ将軍】のような【カウンター】【ギャンブルカウンター】持ちだとそれらを発動させてしまうのでかなりの痛手になる。
また、これの発動中にこちらが倒されるとせっかく倒したと思ってもこちらの負けになってしまう。
敵に発動されると非常に嫌らしい特性といえる。