※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場するオリジナル技の一つ。

物理攻撃・魔法攻撃の両方に対応可能な超高速の掌撃で、
その威力は凄まじく、【メドローア】だろうが竜闘気を纏った【オリハルコン】で作られた剣だろうが軽く弾くことが可能。
【マホカンタ】の機能と物理防御の機能の両方を兼ね備える)

【天地魔闘の構え】の併用、または単発使用であれば相手の方向へ弾き返す事も可能で
防御のみならず、反撃にも応用出来る攻守に優れた技でもある。

とはいえ、ダイの放ったギガストラッシュを受け流した際、掠り傷とはいえ完全に相手の放った攻撃を殺し切れなかったり
天地魔闘の構えの硬直後からは攻撃を弾き返すまでには至らないことから、絶対無敵な防御力を誇るという訳ではない。

【バーン】が、「ミスト」に預けていた 並外れて強靭な全盛期の肉体だからこそ可能な防御技であり、
バーンはその肉体と一つとなり、真の姿となった「真・大魔王バーン」になることで初めて使用可能になる。
【ミストバーン】も単発でなら使用可能だが、正体が勘付かれる恐れがあるため使用は固く禁じられている。
実際、ミストバーンはポップの放ったメドローアを緊急回避する為にやむを得ず使用し、この事がきっかけとなりヒュンケルに彼の凡その正体が見破られる事となる。

なお、名前の由来は、掌撃を放つ際、あまりの速度のため摩擦で手に炎が上がる様子がまるで不死鳥フェニックスの羽の羽ばたきに見える事からこの名前が付いた。