※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『こおれるときのひほう』と読む。
【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場する特殊な魔法の一種。

相手の時間そのものを停止させ、封印してしまう『数百年置きに起こる皆既日食の時』にのみ使用可能な高度な秘術。

この秘術を掛けられたものは生物だろうが、生物でなかろうが、その物質の時間そのものを『凍結』、
すなわち時間そのものから切り離すことにより変化や破壊、生命活動そのものを 次の皆既日食の時まで『停止』させる事が出来る。


簡単に言えば、相手そのものを永久【アストロン】のような状態にして 数百年間封印し続けることができるというもの。
【ミストバーン】は常時その状態にあり、その為 基本的には無敵状態に等しいが、【メドローア】だけは例外的に消し飛ばす事が可能。
尤もミストバーンにはポップの奮戦虚しく【フェニックスウィング】で弾き返され、実際にそれで消滅させるには至らなかったが…(注:ポップはメドローアを弾き返された直後、間一髪でアバンに救出されたので無事だった)。


上記のように効力は次の皆既日食の時までしか持続しないが、再び次の皆既日食時に掛け直すことで半永久的に効力を持続させることが可能であり、
【バーン】はこの性質を利用して、叡智と魔力を残した本体と若さと力を残した分身体である『全盛期の肉体』に分かれた際、
この『全盛期の肉体』を凍れる時間の秘法で封印し続け保存し、限りなく永遠に近い命を得ようとしていた。
なお、『全盛期の肉体』は常にアストロン状態なので動かすことが出来ない為
「ミスト」の『取り憑いた者の魂を一時的に消して(あるいは完全に消し去って)その肉体を自由に操る能力』に着目したバーンは、彼にこの『全盛期の肉体』に取り憑かせ ミストバーンとして守らせていた。
また、バーンが封印した『全盛期の肉体』と再び1つになる際、封印が解けるような描写がある事から、これを掛けた術者の任意で封印を解く事が出来るようだ。

ちなみに、この秘術を成功させるにはバーンクラスの強大な魔力が必要で、
かつて古文書からこの秘法の存在を知ったアバンがハドラーをこの秘術で封印しようと試みたことがあったが力が及ばず、
自分もこの秘術の効果に巻き込まれ、ハドラー共々封印されてしまったばかりか僅か1年程で効果が切れてしまっている。

余談だがこの秘術によく似た効果の裏ワザがあり、この技の名前の由来にもなっている。