※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要


【魔剣ネクロス】によって滅ぼされた剣王の里に伝わっていた剣法。
初代剣王であるフルカスが「呪われた武器・防具を呪われずに使いこなす」という発想を元に、厳しい鍛錬の果てに編み出された。
幻魔剣を体得した者は呪いの武具を装備してもその悪影響を受ける事はなく、
逆に呪いの力を自分の力に変える事ができる。

超音速の衝撃波を放って広範囲の敵を薙ぎ倒す事が可能になるほか、
幻魔剣によって受けた傷は【ホイミ】等の回復呪文や薬草による治癒を一切受けつけず出血が止まる事はない。
精々がほんの僅かな間だけ出血を抑えるのが限度で、すぐに激痛と共に血が噴き出してしまう。
魔剣ネクロスの支配下に置かれたサーバインがこの魔性の剣を使い、ルナフレアに致命傷を与えた。
例外として拳王の操る「気」による治療法、軟気功を使えば完治には時間を要するものの治療が可能。
ギランも重傷を負っていたが、軟気功によってなんとか一命を取り留めた。
また、幻魔剣士なら幻魔剣で与えられた傷が自然治癒する。

相手の体に傷を付けられれば、それが生物ならば出血多量による生命の危機に陥れる強力さであったが、
【グノン】には幻魔剣の傷口ごと噛み千切られ、ジャガンにはロトの紋章による庇護で防御され、
【ヤマタノオロチ】には体内に取り込んだ【オリハルコン】のエネルギーで復活され、
【異魔神】には【せかいじゅ】の力を持った細胞や幻の月で回復されてしまうなど、
ボス相手には余り有効では無かった。敵の時は強かったが、味方になるとイマイチという典型的な技。
出血が止まらないというのがメインの効果では無いが。

実際に使用された幻魔剣

  • 剣王震空呀
音速を超えた剣を振るい衝撃波を前方に飛ばす。
幻魔剣の技としては最も多用された。熟達すれば木剣でも使用が可能な模様。
呪われた【はやぶさのけん】を装備したキラは一度の攻撃で二重の衝撃波が出せる。

  • 震空呀真一文字
横一文字に剣を払い横幅の広い衝撃波を飛ばす。

  • 剣王雷刃呀
幅の狭いV字状の衝撃波を飛ばして炸裂させる技。
度々キメ技として使われているので特に威力があると思われる。
剣王・拳王・賢王の同時攻撃を受けたジャガンも、
多少はこの幻魔剣のダメージを受けているはずであるが特に言及されていない。

  • 剣王旋風呀
切断力のある鋭利な衝撃波を飛ばす技。

  • 剣王爆斬剣
ダッシュジャンプで前回りに高速回転しながら特攻、相手の全身を連続で斬りまくる。
幻魔剣の特性を最大限に生かした技だが、異魔神にはすぐ回復されてしまった。