※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するダンジョンの一つ。
【レブレサック】の北東に位置し、洞窟内と外観をいくつもの階段と梯子で行き来する構造になっている。
洞窟内には立派な橋があったりするが、一体何の為に作られた洞窟なのかは最後まで分からない。
山頂には神父に化けた【ボトク】が居る。
【ブタあくま】が輪になってクルクル回っており、ここから霧を発生させていることが発覚する。
またその近くには3つの屍が転がっており、魔物討伐に来た【ルカス】の両親と村の若者であることが伺える。

シナリオの中で主人公達がここに閉じ込められることになるのだが、
意外なことにこの状態でも【リレミト】を使用すれば脱出することができる。門番の男もビックリである。
しかも鍵が開かないからどこか別の出口を探そうということで奥に向かうにも関わらず、
ボトクを倒せば何故か鍵が掛かっていた扉から出て来るという謎の話になっている。

余談だが、【キングムーチョ】はこの魔物の岩山にしか出現しない。

現代では消滅しており、同じ場所に【山奥の販売所】が存在する。
ちなみに、一度クリアすると鍵がかけられ二度と入れないように思えるが、【さいごのかぎ】入手後なら入れる。

3DS版

外観が梯子ではなく、坂を昇る形に変更されている。
さすがにおかしいという話になったのか、リメイク版ではリレミトでの脱出が不可能になった。
だが、ボトクを倒したら普通に正面から出て来るというのは変わらないまま。そこもかなり違和感があるのだが。
見張りと会話することも不可能になったので、何の為に見張りがいるのかも分からない有り様になっている。

道中の敵やボスのボトクも強い方ではないが、敵が強いと思ったら閉じ込められる前にレベル上げするといい。
閉じ込められた後にセーブすることは出来ないので、PS版の【海底都市】のような状態になる心配も無い。