※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

幼少時代における、【ビアンカ】のセリフ。

いじめられていた猫と勘違いして助けた【ベビーパンサー】に名前をつける際に、まず彼女は、4種類のウケを狙っているのかと疑いたくなるような名前を提示してくる。
ここで、どれも気に入らなかった場合は、最後の名前を提示されたときに「いいえ」を選択することになる。
しかし、次の瞬間プレイヤーからしたら理不尽とも取れる、この一言で片付けられてしまう。
残念ながら主人公が命名に介入する余地は一切なく、どうしても提示された名前の中からの選択を迫られる。
リメイクでは選択肢が6つ追加されてはいるものの、やはり選択肢が限られる上、ふくろの名前さえ変えることのできるモンスターじいさんをもってしても、これだけは変更が許されない。
「ちゃんと選べじゃねーよ、自力で入力ぐらいさせろ!!」とキレたくなったプレイヤーも少なくはないだろう。

こうした経緯から、初回プレイ時は「ビアンカを結婚相手にした場合、子供の名前もこのように選択肢だけで決められてしまうのでは」と
心配したプレイヤーがいたかは判らないが、こちらはさすがに入力画面を用意してくれる。