※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場する重要アイテムの一つ。パミラの秘薬。
高名な薬師でもある【パミラ】が特別に調合した効き目の高い不思議な匂いのする丸薬。
小振りな壺の中に収められている。残念ながら成分や配合は秘密らしい。ガボは苦そうと評している。
特製だけあって、最後の一つとのこと。

過去の【グリンフレーク】のイベントで、病に冒された【ペペ】を助けるために必要となる。
ハーブ園の経営者でペペの雇い主でもある【ボルック】から、
「東の山々を越えた先にあるエンゴウに居るパミラという薬師から貰ってきて欲しい」と依頼される。
ところが、過去のグリンフレークからは直接エンゴウ地方へは行けないため、
一度神殿に戻ってから再び過去のエンゴウに向かいパミラに会いにいく必要がある。

石版システムを上手く利用した仕掛け・演出なのだが、もし手に入る石版の順番が違っていたら、
下手をするとぺぺは助かっていなかったかもしれないと思うとちょっと怖い。