※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場する重要アイテムの一つ。
過去の【マーディラス】の皇太后が、【大神殿】の主である【大神官】に宛てたもの。

彼女の息子である【ゼッペル王】が、元々親交の深かった大神殿との交流を、
ある日を境に関所まで作って一方的にやめてしまったのが事の発端。
理由はどうあれこのままでは息子は孤立していく一方なので、旅の者である主人公たちに一つ書状を届けて欲しいと頼まれることになる。

書状の内容は、大神官がこの城を案ずることのないよう記したものらしい。
件の関所も、門番にこの書状を見せることで通過できるようになる。
ただし、大神官に届けた後は【大神官の書状】を貰うまで関所を通れなくなってしまうので注意すること。