※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQM

異世界を旅する【テリー】の前に現れては意味有りげな言葉を残して去っていく謎の男。
姿を見れば一目瞭然。どうみても未来のテリーです。本当にありがとうございました。
【ゆうきのとびら】【いかりのとびら】【かがみのとびら】、クリア前の【図書館のとびら】に登場する。
最初は「剣も使えない腰抜け」と馬鹿にして来るが、最終的には「剣を使わずとも最高のファイターだ」と称賛の言葉を口にするようになる。

彼と戦うことになるのは、かがみのとびらの最下層。
Ⅵ本編と同じく【デュラン】の前座として登場し、プレイしたことのある人をニヤリとさせた。
攻略本等では「謎の剣士」となってるが、ゲーム内では「テリー?」と表記される。
主人公の名前に「?」がついたものが名前になるので攻略本に名前が載らないのだろう。
【さみだれぎり】【まじんぎり】などの剣技を使ってくるが、一回休み耐性やルカニ耐性が低いので、そこを突けばそんなに苦戦する事は無い。
【ももんじゃのしっぽ】を使うと、「まだ仲間にしたことが無い」というメッセージが出るが、もちろん仲間にすることは出来ない。
肉を差し出しても「しかし何も起こらなかった」と表示されるだけである。そして何故か経験値も貰えない。

デュラン撃破後「オレのようにはなるな」、「何があっても姉さんを大切にな!!!」と二つの忠告を残してくれる。
なにかもの哀しいものがある。
最後は何故か【ワルぼう】に連行されて行く。一体どこへ連れて行かれたのだろうか。
また、後日談である漫画「【ドラゴンクエストモンスターズ+】」ではテリーは皮肉にも力に溺れて道を踏み外している。

誘う踊りでつられて踊る。百烈舐めで鳥肌立てる。♀モンスター、それもごっつい奴のぱふぱふでうっとりする。
未来の自分の無残な醜態を見た少年テリーの心中はいかに。

テリワン3D

3D版でもやはり登場。
当初こそ顔を隠しているが、彼と戦う時は全く顔を隠さない完全にテリーそのものの姿。Ⅵの頃と全く同じ格好をしている。

名称も「剣士テリー」と改めて登場。【らいじんぎり】とさみだれ斬りの他、【ギガデイン】も使うなど更に攻撃の幅を広げている。
攻略本によれば???系のランクSSとされており、「【れんぞく】(5回)」「【カウンター】」などを特性として持っているようだ。
とはいえ、ここまで来たプレイヤーならばそんなに苦戦する事は無いだろう。
ちなみに通常攻撃のモーションは、後に登場する【魔戦士ルギウス】と瓜二つ。
そのルギウスは同じ「れんぞく(5回)」持ち。なるほど納得である。

ギガデイン発動時には後ろに回した左手に魔力を溜めた後に突き出して発動、
【森羅万象斬】発動時には眼前にエネルギーを溜めた後に縦にぶった斬るなど、【アルテマソード】っぽい発動アニメになっている。

デュラン撃破後は、同じセリフで忠告し、光の中に消えながら「姉さんを大切にしろよ」と言い残して去っていく。

なお、勝ち抜きバトルのときにもたまに出現する。一体なんなのだ…。
また、配信で仲間に出来るのではとも噂されたが、流石にそんな事はなかった。

トルネコ3

同名のキャラクターが登場するが、テリーとの関係はまったく無い。
説明書にも登場しており、ストーリーの重要なカギを握っているのか?と思いきや特に関係は無い。

初めて登場するのは【海底の家】で、「伝説の武器【シャドーブレイク】を探している」とのこと。
伝説の武器と言うからには入手はさぞかし困難なのだろう……と思ったらなんと、【海竜島の遺跡】クリア後に海底の家で寝込んでいた婆さんが20000Gで販売してくれる。
まさか伝説の武器がこんなにも早くに、しかも普通に売られていることに誰もが驚いただろう。しかし、実はこの武器……。

【トルネコ】と同じく北の大地を目指しているのか、その後も何度か出会うことになる。何故かトルネコをライバル視しているようだ。
エンディング後も海底の家をうろついており、今度は【クロウアンドレア】を探しているらしい。
こちらは本当に伝説の武器と言えるだろう。
しかし剣士なのに何故爪を?そもそもお前はモンスターを仲間にできるのか?等謎は尽きない。
まあ、テリーは牙を装備できるのだから、こいつが爪を装備したところであまり問題は無いだろう。