※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険


【覇者の剣】と並んでロモス王国に伝わる伝説の金属【オリハルコン】製の冠で、
物語の初頭でダイや善良なモンスター達が住むデルムリン島にモンスター退治と銘打って侵略行為に及んだでろりん等偽勇者一行が、
ゴールデンメタルスライムと呼ばれたゴメちゃんを捕らえてロモス王に献上した後、それらの働きに免じられる形で授けられた。
しかし、ダイがゴメちゃんを取り戻そうとロモス王国に乗り込みでろりん達を退治した後、
ロモス王にダイの勇気に感じ入られ、改めてダイに授けられた。
それから暫くはダイを天狗にさせまいと慮ったブラスに取り上げられ、ゴメちゃんに被せられた後自宅の奥にしまわれていた。

物語が進みバランとの死闘後にダイの竜闘気(ドラゴニックオーラ)の力に耐えうる武器を求め続けた末に再登場。
ポップの故郷・ランカークスに身を潜めていた魔界の名工【ロン・ベルク】が、
自ら作り出した【鎧の魔剣】でダイが真魔剛竜剣を叩き折った事に感激して、彼に新しい剣を鍛えて貰えることになるのだが、
その際に材料となるオリハルコンの調達の為に、白羽の矢が立ったのがこの冠だった。
これを授けたロモス王からも快諾され、かくして冠は【ダイの剣】の材料となり、
剣が生み出される一部始終を主となるダイに見届けられ、地上最強の剣へとその姿を変えた。