※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

『雷光の騎士』の二つ名を持つ【アークボルト】城の兵士長。
【旅人の洞窟】へ行く人材を選定するために国王達の御前で訓練所で戦うことになる。
が、なんと各能力が魔王ムドーすら凌駕するという驚異的戦闘能力を誇る。
さみだれけんorしんくうは→ルカナンorせいけんづき→はやぶさぎりorまわしげり という【3段階ローテーション】で行動。
特にしんくうはは強烈で、此方の守備力に関係なく全員にダメージを与えて来る。
ルカナンを使われた後のさみだれけんやまわしげり、せいけんづき等も手痛い。
加えて、HPが一番少ない仲間を集中的に狙い、この時点で主力になっているであろうメラミ(またはほのおのツメ)やせいけんづきも効きにくいので、初見ではあえなく敗退する事も多いだろう。

効きにくいがルカニで守備力を下げてスクルトで仲間全員の守備力を上げ、攻撃力の高い主人公とハッサンに直接攻撃をメインに攻撃役を担当させ、残りメンバーは回復や補助役をメインに立ち回させるといい。
前述通りしんくうはが怖いので、場合によっては防御もさせよう。

裏技としては、ハッサンやアモスにゲントの杖を持たせ、スカラを限界までかけた上で一人で戦うというのも手。
こうすれば真空波以外はほぼシャットアウトできる。
ただしルカナンが蓄積すると回復が追い付かなくなりジリ貧になるので、ブラストにルカニをかけた上で短期決戦を狙いたい。

倒すと稀に【いのちのきのみ】を落とす。

外見は例によって灰色の【デビルアーマー】


彼をはじめ、アークボルトの兵士達は皆強力で、それまでの「兵士はモンスターに対し無力」「敵の侵攻をあっさり許すザル警備」などの弱いイメージを一変させた。
彼らが4人いれば【ムドー】なんぞ敵ではなかっただろう。幻術に惑わされなければの話だが。
ただその割に洞窟にいるドラゴンその引換券に負けるなど強弱が分かりづらいところもある。

因みに子持ちで、家庭では良きパパとして息子から愛されている。