※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


DQⅤ

一時期パーティーにも加わる【ラインハット】の王子。
ラインハット王の第一子であるため、正統な次期王位継承者……のはずだったが、王位は異母弟の【デール】が継いでいる。
恐らく主人公の唯一の人間の友達。

幼少時代はひねくれた性格であり、イタズラ好きで兵士や父も手を焼いていた。
だがこれは、母親が急逝し、義母【太后】は自分の子デールばかりを可愛がるという特殊な生活環境から築かれたものだろう。
主人公相手にも尊大な態度を取り、主人公も危うく子分にされかける。
だがその直後、デールが王位を継ぐ際にヘンリーが邪魔者だと感じた太后が裏から手回しをし、人さらいに誘拐される。
助けに行った主人公と共に奴隷にされ、事実上ラインハットから亡き者にされてしまった。

その後は自分を助けにきてくれたパパスの熱演とその死、そして過酷な奴隷生活が影響し、しっかりとした青年に成長する。
そこで知り合った【マリア】の兄【ヨシュア】の手助けを受け、主人公と共に大神殿から脱出する。
魔物に乗っ取られたラインハットを取り戻し、その後は陥落した城を立て直す事を決意し主人公達と別れた。
後に修道女としての生活を送っていたマリアを白馬で迎えに行って結婚し、【コリンズ】という男の子を授かる。

……想像してみてほしい。
10歳にも満たないような子どもが、義母から邪魔者扱いされていることを薄々感じつつ、両親からの愛情を感じることなく育つ。
信じるべき義母には命を狙われ、結果的に命こそ免れたものの、過酷な奴隷生活を強いられ10年近い歳月を棒に振る。
時々パパスの死やサンタローズ壊滅の原因を作った張本人として批判されることもあるが、それを責めるのはあまりに酷ではないだろうか。

小説版ではパパスの死や主人公を巻き込んだことに責任を感じており、奴隷生活の中で主人公を助けるため様々な手を尽くしていた。後に主人公が大神殿で奴隷生活を回想した際に、ヘンリーがいなければ自分は死んでいたと感じている。

ちなみにSFC版では弟のデールの成長速度が異常。
ニセたいこう殺害時は青年の姿であったが8年間の歳月で彼は白髪のじじいになってしまった。
嫁のマリアはドレイ時は黒髪なのに、修道女になった途端金髪になったりと、彼の周りの人間は少しおかしい。

戦闘能力

仲間に加わる時期が青年期開始時からラインハット奪還後までと短い。
とりあえず初期装備のブロンズナイフ&【ドレイのふく】から卒業させて、もっといい装備をさせてあげよう。
基本的には【チェーンクロス】を装備させて直接攻撃を繰り返すことになると思われる。
Lv8でイオを覚えたら集団戦がより楽になる。しかし最大MPはそんなに高くないので、MP配分には気をつけよう。
誰にでも言えることだが、カジノでグリンガムのムチを入手すれば無双状態になる。
「NPCではない人物キャラクター」の中で、絶対に最後まで連れて行くことができない唯一のキャラ。

リメイク版では少年時代の【古代の遺跡】における【ゲマ】戦でも【NPC】として戦いに参加する。
攻撃手段は通常攻撃のみで、様子を見たり身を守っていることも多いが、一応戦う気概を見せるのは立派と言えるだろう。

習得呪文

習得Lv 習得呪文
習得済 【メラ】
3 【マヌーサ】
6 【ルカナン】
8 【イオ】
12 【メダパニ】
15 【トヘロス】

DQⅥ(DS版)

デスコッドで「とおいみらい」を選択すると他のⅤのメンバーと共に登場する。
ここではただの旅人として酒場におり、話しかけると夢の舞台「カエルのいど」をもらえる。