※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

その国における王族の男子の事で、現国王の長男が基本的に王位継承権第一位となり
皇太子と呼ばれることになる。

なぜかドラクエ世界では国王や王女が登場しても、王子が登場しない国が多い。
特にシリーズ通して登場する女王が治める国には一人もいない。
その代りナンバリングシリーズで登場した場合は、他の王族とは違い必ずモブではない何らかの役目を持ったキャラとなる。

国は【ラダトーム】のみで王子は登場しない。

主人公2人が王子として登場(【ローレシア】【サマルトリア】
【デルコンダル】【ラダトーム】には登場せず、おそらく【ムーンブルク】もいない模様。

多くの国が登場するが、王子の存在は一人も確認できない。

【ボンモール】【リック王子】がNPCとしてシリーズ初めて登場。
ボンモールの国王によれば、リック王子が結婚すれば【エンドール】の国王にもなれるという話なので、
エンド-ルには国王の息子である王子はいないことになる。
また【アリーナ】に兄弟がいる様子もないので(リメイク版イムルでの台詞で「わたし、ひとりっこだから」とある)
【サントハイム】にも国王の息子はいないことになる。

【主人公(Ⅴ)】【グランバニア】の国王パパスの息子なので、身分的には王子となるはずだが、
王子と知る事がないままにパパスが死亡、青年になってからグランバニアに帰国後すぐに国王になっている。
国王となるのと前後して、妻が妊娠し【男の子】を産んでおり、
こちらは生まれながらの、グランパニア王子と言う事になる。

物語進行上、最初に登場した王子は【ラインハット】【ヘンリー】とその弟【デール】
その後国王にはデールがなり、ヘンリーの息子の【コリンズ】王子が登場している。

【主人公(Ⅵ)】が実は【レイドック】の王子という設定になっている。
また、【ホルストック】では【ホルス王子】が登場している。

【グランエスタード】の王子として【キーファ】が登場している。

【サザンビーク】の王子として【チャゴス】が登場している。

実は【主人公(Ⅷ)】は先代サザンビーク国王の息子であることが一度EDを迎えた後に判明。
現国王は先代国王の弟にあたり、残念ながらと言うべきか、チャゴスとは従兄弟の関係になる。

称号ではいくつか「王子」と名のつくものが存在するが、
キャラクターとしての王子は登場しない。

DQM2

【マルタの国】の王子として【カメハ】が登場している。

トルネコ1、2

王様の居る城に、王子(と王女)も居る。