※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

自らの分身を生み出して敵を撹乱する毛むくじゃらの魔物。
【イエティ】【ビッグスロース】【デザートゴースト】の色違い。
初登場のⅣでは火を吐いていたが、イエティの色違いのせいか近年は氷系の攻撃をすることが多くなった。

DQⅣ

第二章の【武術大会】の5回戦で戦うことになる相手。
本来ならこの後に決勝戦として【デスピサロ】との決勝戦があったはずなのだが、
デスピサロが会場を去っていたため、コイツに勝てば武術大会優勝となる。
戦闘が始まると突如四体に分身する。当然、本物は四体のうちの一体で、後はダミーだ。
ハズレを引くとベロをペロッと出す演出で腹立たしい思いをした人も多いのではないか。
分身するが、攻撃を仕掛けてくるのは本物の一体だけ。
通常攻撃の他に力をためたり、【ひのたま】を吐いたりしてくる。
4回戦の【サイモン】と比べればステータスはそれほど高くないが、素早さだけはかなり高い。

必勝法、すなわち本物を見分ける方法など無い、一切無い。
ダミーは攻撃してこないのでそれで見分けようと防御しても、次のターンには分身し直すので無駄。
はっきり言って運と気合だ。ここまで来られた自分を信じてひたすら頑張ろう。
そんなわけで、前のサイモン戦で薬草のストックが尽きているとツライ戦いになるぞ。
ただしPS版では見分ける方法があり、 分身するスピードが遅いヤツが本物である。
事実上の決勝戦となったこの試合、はたしてベロリンマンが勝ったら【モニカ姫】は結婚するのかどうかが最も気になるところである。
ベロリンマンが王子となったエンドール国はサントハイムのように魔物の城になるのか、
いや、それよりもむしろ、ベロリンマンという化け物と結婚してしまうこととなるモニカ姫のことを思うと
興奮……いや、彼女に対して哀れな気持ちに思うプレイヤーが多数であろう。

PS版ではのちに移民としても登場する。
アリーナがパーティに居る時のみ出現し、移民カテゴリは「イエティ(モンスター)」。
カタコトで話し、口ぐせは「うおーん!」。セリフの大半も「うおーん!」で占められている。
口数こそ少ないが、アリーナや主人公たちとの再会は嬉しいらしく、結構気の良いやつである。

剣神

剣神ドラゴンクエストにも登場。ステージ5のボスである。
途中で中ボスとして雪合戦を挑んでくるが、雪玉を斬って跳ね返せばOK。
剣で斬っても跳ね返るだけなのに加え、当たると結構なダメージをくらうのを見れば、中に石が入っているのは明らか。
ボスとしては、まず四体に分身してから本物がベロをペロッと出し、正体の位置を知らせてから偽者と位置を変えて攻撃してくる。
最初の頃は入れ替わるのが遅いので簡単に本物が見つかるが、何度もやっているうちに入れ替わりがどんどん速くなる。
最終的には、常人が見分けるのは不可能な速さとなる。ここまで来てしまうと必要なのは運と勘と気合のみである。
もちろん、剣が強くてバイキルトを使えるなら、そうなる前に倒せるだろう。
ちなみに偽者に攻撃してしまうと四体全員が雪玉を投げてくる。
その数は合計で30個は軽く超えるだろう。ここぞとばかりに勇者をボコボコにしてくる。
バリアで防ぐのは多分無理。それとも極めれば全部防げるのだろうか。

DQMBⅡL

【レジェンドクエストⅣ】の二章で登場。【あばれうしどり】【ピクシー】を引き連れている。
カウンター技の「ちょうはつ」と「ヒャダルコ」を使う。要は魔法使いと組んだ【イエティ】の使いまわし。

ビクトリーではレジェンドクエストの始まりが本編の第五章からという事もあり、リストラされた。