※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

基本的に王族の娘のことを指す。お姫さまとも呼ばれる。

ドラクエ世界では王子がいなくても王女がいる国が多い。
国王継承権を継ぐ王子がいない場合、王女が継いで【女王】になる。
【王子】と異なり、すべての作品で最低1人は登場している。

DQⅠ

【アレフガルド】の王女【ローラ姫】が登場する。

DQⅡ

Ⅰの主人公の子孫である【ムーンブルクの王女】が登場。
【サマルトリア】にも【サマルトリア王女】が登場するが、彼女もまたロトの血を引く子孫にあたる。

DQⅢ

【エジンベア】にマーゴット姫が存在する他、【アリアハン】にも名前は出てこないが王女が登場。
ポルトガ、サマンオサにも姫らしき人物がいる。
また、作中で既に死亡しているものの、【エルフの隠れ里】の女王にはかつて【アン】という名の娘がいた。

DQⅣ

導かれし者の一人に【サントハイム】の王女である【アリーナ】が登場。
【エンドール】には【モニカ姫】が、スタンシアラにも王女が存在する。
ブランカにも王女と思われる人物が存在する。

DQⅤ

主人公の【グランバニア】の王女にあたる。
主人公の従妹であり、先代国王【オジロン】の娘【ドリス】も主人公の国王即位前は王女であった。

DQⅥ

主人公は実は【レイドック】の王子だが、王女は小さいころに死亡している。
夢の世界では【ターニア】が妹になるが、実の兄妹ではなく王女ではない。
グレイス城にもかつて王女がいたことが確認できる。

DQⅦ

【グランエスタード】の王子である【キーファ】の妹の【リーサ姫】が登場。
過去フォロッドに【エリー】(すでに死亡)と妹姫が登場。
現代コスタール城(ホビットの洞窟内)に姫が登場。
現代【マーディラス】【グレーテ姫】がいるが統治者で女王にあたる。

DQⅧ

トロデーンの王女【ミーティア】が登場している。
他には【メダル王女】がいる。

DQⅨ


トルネコ1、2

王様の居る城に、王女(と王子)も居る。