※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かつて存在していた日本の玩具会社。
オセロやルービックキューブといった定番玩具を主力商品としていた。
「ボールを相手のゴールにシュウゥゥゥゥ!!」という妙にテンションの高いCMで知られる「バトルドーム」もこの会社の製品である。

ドラクエグッズや関連商品を発売したことは無いが、一風変わった事情でDQと深い関係にあった企業。
`90年代から2000年代初頭にかけて発売されたドラクエグッズのうち【スライム】のグッズには、
必ず「 スライムはツクダオリジナルの登録商標です 」と書かれている。
これはツクダオリジナルがゲル状の「スライム」という玩具を`72年より製造販売し、その商標権を有していたためである。

現在でこそ子供向け実験の定番として知られる「スライム」だが、元々はツクダオリジナル社の開発した完全オリジナルの玩具。
スライムやバトルドームなど、全く新しいコンセプトの玩具を意欲的に開発・販売する企業であったが、
少子化とTVゲーム普及の波には逆らえなかったのか、「バトルドーム」以降のヒット作に恵まれなかった。
2002年に同社は倒産、バンダイグループに吸収され、ツクダオリジナルとDQの奇妙な関係は終わりを告げた。
なお、かつての【エニックス】がこの問題においてツクダオリジナルとどのような契約関係にあったかは不明。

玩具「スライム」は現在、ツクダオリジナルの事業の一部を引き継いだメガハウス社が販売しているが、
「スライム」の商標は現在スクウェア・エニックスが有している。

現在では当時のスライムグッズを手に入れる事が難しいが、初期の4コマ劇場の巻末の広告などでも冒頭の一文は掲載されているので、古書店などで確認することはできる。

海外版ドラゴンクエストのタイトルがかつて【Dragon Warrior】となっていたのも(Ⅶまで、Ⅷ以降は日本と同じく「Dragon Quest」)同様の理由。詳細は当該項目で。