※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅳ以降の本編シリーズの【ふしぎなおどり】は威力が3種類に分かれている。
最も威力の低いのがコレであり、以降【ふしぎなおどり2】【ふしぎなおどり3】の順に強くなる。
ただし、どの不思議な踊りを使った場合も画面上の表記は「○○は ふしぎなおどりを おどった!」であり、
違いは実際に減らされるMP量のみとなっている。

また、Ⅵ以降の作品でも敵側には3種類の不思議な踊りが用意されているが、
味方の不思議な踊りの威力はマホトラと同様のレベル依存となったため、味方が「ふしぎなおどり1」を覚えることはなくなった。
これに伴い、「ふしぎなおどり1」という名称を確認できるのはⅤだけとなっている。

DQⅣ

この作品ではじめて不思議な踊りに強弱がついたため、実質的な初登場。
敵専用で、敵1体のMPを1~2減らす。
【スペクテット】【つかいま】【サンドマスター】【ビッグスロース】が使用する。
主に序盤の敵が使ってくるが、ビッグスロースだけは終盤での登場となる。

DQⅤ

「ふしぎなおどり1」という名称の初登場。敵味方ともに使用できる。
この作品で不思議な踊りを仲間モンスターが習得した場合、「ふしぎなおどり1」「2」「3」と明記される。
【ドラきち】【ダニー】【ジュエル】が習得するが、なにしろ敵のMPを1~2減らすだけなので、役立つ状況はまずない。
なにしろ【ばくだんいわ】ですらMPが2あるので、1しか減らせなかった場合はメガンテを阻止できないのだ。
また、今作からは【マホトラ系】に属する特技となっている。
同じマホトラ系ならより効果が高く扱いやすい【マホトラ】【ピエール】などが使えるため、有効活用される機会はほぼないと言えるだろう。


DQⅥ

この作品から「ふしぎなおどり1」は再び敵専用の特技となる。
威力はこれ以降の作品でも変わらず1~2で固定されている。


DQⅦ


DQⅧ

【わらいぶくろ】のみが使用する。

DQⅨ