※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅳ以降の本編シリーズの【ふしぎなおどり】は威力が3種類に分かれている。
最も高い威力を持つのがコレであり、【ふしぎなおどり1】【ふしぎなおどり2】の上位種である。
ただし、どの不思議な踊りを使った場合も画面上の表記は「○○は ふしぎなおどりを おどった!」であり、
違いは実際に減らされるMP量のみとなっている。

また、Ⅵ以降の作品でも敵側には3種類の不思議な踊りが用意されているが、
味方の不思議な踊りの威力はマホトラと同様のレベル依存となったため、味方が「ふしぎなおどり3」を覚えることはなくなった。
これに伴い、「ふしぎなおどり3」という名称を確認できるのはⅤだけとなっている。

DQⅣ

この作品ではじめて不思議な踊りに強弱がついたため、実質的な初登場。
敵専用で、敵1体のMPを5~10減らす。
【フェアリードラゴン】のみが使用する。

DQⅤ

「ふしぎなおどり3」という名称の初登場。敵味方ともに使用できる。
この作品で不思議な踊りを仲間モンスターが習得した場合、「ふしぎなおどり1」「2」「3」と明記される。
【ダニー】【パペック】【ブリード】、リメイク版ではさらに【キャシー】が習得する。
減らせるMPの量は7~11に強化された。
上級呪文1回分に相当する量であり、うまく使えば多くの呪文使いを無力化できる。
また、今作からは【マホトラ系】に属する特技となっているのだが、これも少々厄介。
マホトラ耐性を持つ敵はマホトーン耐性を持つ敵より多めであり、あまり安定して呪文を封じられるとは言いがたい。
【ピエール】が最初から【マホトラ】を覚えているため、やっぱり使う機会はあまりないだろう。
ちなみに、マホトラで吸えるMPは5~11。わずかに下限値では上回るものの、この特技にできる事は大抵マホトラでもできてしまう。

ちなみに、ダニー(ダンスニードル)は不思議な踊り系統3種を全て覚える。
レベルが上がるごとに踊りが上達していっているということなのかもしれないが、実質「1」と「2」を覚える意味がほぼなくなっている。

敵では【エビルマスター】【マヌハーン】が使用する。

DQⅥ

「ふしぎなおどり1」と「ふしぎなおどり2」は使用者がいるのだが、
「ふしぎなおどり3」だけは使用者がいないため、今作では登場していない。

DQⅦ

この作品から「ふしぎなおどり3」は再び敵専用の特技となる。

MP減少量は7~11。
【ミミック】と、【バロックタワー】に登場する【エンタシスマン】が使用する。

DQⅧ

MP減少量は7~11。
【ミミック】のみが使用する。

DQⅨ

MP減少量は7~10。
【ウドラー】のみが使用する。