※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅶとリメイク版Ⅳに登場する敵専用の特技。PS版Ⅶ以外では「連続噛み」等の表記で公式ガイドブックには掲載されている。
激しく何度も噛み付き、複数の敵を攻撃する技。
DS版Ⅳと、それ以外の作品とで、技の仕様が異なっている。

DQⅦ

通常攻撃の0.5倍の威力の単体攻撃を、敵全体からランダムで対象を選び4回繰り出す。
つまり効果自体は【ばくれつけん】と全く同じ。
使用者は【ケルベロス】【じごくの番犬】【バスカービル】で、この系統の魔物が共通して使用する技となっている。

なお、3DS版の公式ガイドブック上の行動名表記は「連続かみ」。

DQⅣ(リメイク版)

PS版での公式ガイドブック上の行動名表記は「連続噛み」。
仕様はⅦに登場したものと全く同じで、Ⅶから隠しダンジョンへそのまま輸入となったじごくの番犬のみが使用する。

DS版

こちらでの表記は「連続かみ」。
使用者がじごくの番犬のみなのは変わっていないが、技の仕様が他作品とは大きく異なっている。
こちらでの効果は、「敵全体に通常攻撃と同等のダメージを与える」というもの。
ムチ系武器などによる範囲攻撃に似ているが、隊列によるダメージ減衰は発生しないため、効果が安定している。
他作品のものとモーションも表示メッセージも同じだが、叩き出すダメージの総量は約2倍である。
そのため、これがDS版Ⅳでのじごくの番犬の驚異度を上げている理由の一つにもなっている。