※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

2012年5月31日(木)発売。機種は3DS。
【ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド】のリメイク版。
ストーリーは「テリーのワンダーランド」のリメイクだが、システムやマップなどは完全に刷新され、完全新作と言ってもいい作品となっている。

システム

基本的にジョーカーシリーズの物を踏襲している。
しかし、異世界の自動マップ生成システムや、タマゴなどのシステムは残っており、GB版とジョーカーシリーズのいいとこ取りをしたような内容になっている為、基本的にGB版からのプレイヤーもジョーカーシリーズからのプレイヤーもどちらも楽しめるシステムとなっている。
もちろん、異世界における最下層手前の原作のフィールドBGMや最下層の再現イベントも健在。ファンを楽しませてくれる。
が、【キャプテン・クロウ】もボスとして登場している割に相変わらずⅦ以降のBGMが無いのは少々残念な所。
クリア後の旅の扉のラスボス勢の扉も【ねむりのとびら】を除いて軒並みカット。
その代わりにジョーカーシリーズのラスボスが登場し、更に3DS版オリジナルのストーリーが展開される。

  • モンスターの数は500種類以上。ドラゴンクエストⅩからのモンスターも発売に先駆けて登場している。
  • 仲間にする方式はスカウト制。しもふりにく以外の肉も登場し、テリー時代の肉システムとのチャンポンになっている。
  • パーティメンバーがSFC版Ⅴ以外のナンバリング同様に4匹に増加。これにより、1匹でしか組めなかった3枠モンスターが1枠のモンスターと組めるようになり、3枠モンスターの戦略の幅が大きく広がった。
  • AIで使う特技を細かく設定できるようになった。が、この関係か、マイナスの特性が付くスキルが大量に増えている。ザオリクやベホマズン、光のはどう等の最上位回復呪文、空裂斬等のJ2Pの通信対戦で使用率の高かった特技を覚えるスキルには必ず何らかのマイナス特性が付いており、相変わらずスキルシステムの自由度が狭い。
  • J2Pで大幅に追加された最強化配合に加え、更に+99以上に配合する事で更なる強化配合である究極配合が追加。究極配合は最強化よりも能力の更なる上昇に加え、誕生時に追加する特性を一つ自由に選択が可能。
  • 同一ターンに敵味方で同じ呪文、特技を使うと互いに効果が無効化される相殺システムが追加。
  • 通信システムはJ2Pの物が使われており、J2Pからの移動はAランク以下のモンスターのみ(本作同士の交換は全モンスター対象)。この関係で回復呪文の消費MPがJ2P同様に軒並み高くなっている。