※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するキャラクター。
現代の【レブレサック】に住んでいる少年。
過去に村で起こった出来事の、真実の歴史を知る数少ない人物。

現代のレブレサックではほとんどの村人が石碑に刻まれている捏造された歴史を信じきっているのだが、
リフの家系にだけは真実の歴史が改変されることなく代々伝えられてきていた。
リフも祖父から「村に立っている石碑に書いてある歴史は間違いだ」という話を聞かされており、
彼自身も祖父の言葉を信じて石碑の内容は間違いだと思っている。
だが、前述の通り村の住人は大人も子どもも改竄された歴史の方を信じているため、
それに異を唱えるリフは他の子供たちからイジメの対象にされてしまっている。

村の子ども達のリーダー的存在である【サザム】【古びた石碑】を見つけて真実を知った後は、
自らの非を認める彼らと仲直りし、笑顔を取り戻すことになる。
おそらくはこれから、リフ達の世代の人間が大人になってからは、
再び村の真実の歴史がレブレサックの村で語り継がれていくことになるのだろう。

ちなみにリフの肉親には父親が一人登場する。
彼もまた、小さい頃はリフと同じようにウソつき呼ばわりされていたらしい。
だが、大人になった今では「真実がどうであろうと、世の中多くの人々が信じるものが正しいことになる」と、
真実を語り継ぐことは諦めてしまっており、リフも真実は祖父から聞いたと語っている。
息子だけでなくサザム達も真実を知ったと分かった後は、そんな子ども達に村の未来を変えて欲しいと願っている。

なお、グラフィックは過去編に登場した【ルカス】と同じものが用いられており、住んでいる家の位置も同じである。
もしかすると、リフはルカスの子孫にあたる人物なのかもしれない。