※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

スラもりシリーズに登場する、主人公の親友の【ホイミスライム】
首(?)に巻いた赤いスカーフがトレードマーク。
スライムの癖に熱血なガキ大将的存在で、主人公にはライバル意識を燃やしている。

スラもり1

しっぽ団の来襲から逃げ切り、主人公に街の異変を知らせに来る。
【へんげのつえ】の効果でももんじゃの姿になっていた主人公はともかく、何故彼はさらわれずに済んだのだろうか?
その直後、迷子になって帰り遅れた【ギガお】に襲われるが、この時、少年漫画の王道的な
「ここはオレが食い止める!オレにかまわず先に行け!…なぁに、すぐに追いつくさ!」みたいなセリフを吐く。でもすぐに捕まる。

【ドン・モジャール】戦には救出済みの町民全員を従えて登場。なんと「投げるものがないなら自分たちを投げろ」と言いだす。
彼の言うとおりに町民をドン・モジャールにぶつけると、彼らのドン・モジャールに対する怒りの言葉が聞ける。
BGMと相まってアツい。

このようにひたすら熱い彼だが、クリア後に隠しボスとして戦うことができる。
バトル開始前に「正々堂々と戦え」というのを理由にせかいじゅのはの使用を禁止してくる。
攻撃はパンチのみ。また、担ごうとすると変わり身の術を使って脱出する。そんな技どこで覚えたのだろう…。
HPが半分になると「奥の手」と言ってなんと変化の杖で主人公をももんじゃに変えてしまう。
言った側からそんなものを使うなんて、こいつは「正々堂々」という言葉の意味を理解しているのだろうか。
また、ここから触手を八方向に伸ばす範囲攻撃もしてくる。
無事倒すと「お前と戦えてよかったぜ…ぐふっ」みたいなセリフを言い、全滅のBGMとともに息絶える。
…と思いきや、実は夢でしたというオチ。
本当の意味で冷や汗をかいた人もいるのではないだろうか。

ちなみに、救出後は両親とともに主人公の家に居候している。家帰れよ家。

スラもり2

勇車バトルの味方としても使用できる。
命令できる作戦は「テキせんしゃに ダメージ!」と「しんにゅうして こうげき!」。
ホイミスライムらしからぬ攻撃的なラインナップである。

また、本作でも隠しボスとして登場。
タンクマスターズの最後の相手を勤めており、愛機「ミイホンまる」で勝負を仕掛けてくる。
前作もそうだが、何処でそんなものを作ったのだろう…。
今回は「男らしく」というのを理由に1対1、つまり仲間を乗せることを禁止してくる。
そのためプレイヤーの腕が問われる戦いとなる。
HPは3000とかなり多く、使用する弾も勇車の剣やメラゾーマなど最強クラス。
スラもり2の相手の中でも最強クラスなので、デッキや能力を強化して万全の体制で戦いに臨みたい。

スラもり3

次にやるべきことを教える役割を担当しており、迷ったときは彼に聞けば解決してくれる。
しかし、その役割上エンディング後は仕事が無くなり、結果として仲間の中では一番話す機会が少なくなる。
前作と前々作で好き放題やったツケが回ってきたのだろうか…。

引き続き、船バトルでは味方として使用できる。
最初からメンバーに加えることが出来るため、初回のスライバ戦では多くの人がお世話になるだろう。
命令できる作戦は「テキせんに ダメージ!」と「なかまを かいふく!」。
前者はきせきのつるぎ同様に与えたダメージの分こちらのHPを回復でき、意外と強い。
後者はその名の通り仲間を回復することができ、やっとホイミスライムらしくなったといえる。
HPが5と打たれ強く、ヘタな味方よりもかなり有能。