※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイの大冒険

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】【マキシマム】が、ラーハルトに頭へ突き刺された【鎧の魔槍】を引き抜かれた後
全身を切り刻まれていることをヒムに指摘された際に発した名(迷)ゼリフ。

全文は、

「おまえら 集団で吾輩をかつごうとしとるな!!心理的トラップというやつだろう!?…そんな不確実な情報に踊らされる吾輩ではないわあっ!!!ではっ!!さらばだっ!!!また会おうぞぉーーーーーっ!!! ショアッ!!!」

別にヒム達は結託して心理的動揺を誘った訳ではないし、単なるマキシマムの死亡宣告に過ぎなかったのだが、
動揺を隠しきれなくも一蹴して、無様に格好付けながら撤退。
この後、彼は「何と表現したら良いか分からないような間抜け面」を浮かべながら、粉々に吹っ飛び爆死するという『逆立ちした大カバ』っぷりを披露してくれた。

ヒムに言われた言葉が「不確実な情報」かどうかは、自身をスキャンすれば簡単にわかることであった。
スキャン能力を持っていても、それを自分に使う発想ができるかどうかは、本人の心がけ次第ということである。
宝の持ち腐れとはよく言ったものだ。